2.6. ファイルシステムのバックアップ

ファイルシステムのサイズに関わらず、問題が発生したときのために GFS2 ファイルシステムを定期的にバックアップするよう推奨しています。システム管理者の多くは、RAID、マルチパス、ミラーリング、スナップショット、その他の形式での冗長性などで保護されているため安心感を得ることができますが、確実な安全性などはありません。
単一または一式のノードをバックアップするには、通常全ファイルシステムを順番に読み取る必要があるため、バックアップ作成で問題が生じる可能性があります。これを単一のノードから実行した場合には、そのノードは、クラスター内の他のノードがロックの要求を開始するまで、全情報をキャッシュに保持します。クラスターが稼働中にこのようなタイプのバックアッププログラムを実行すると、パフォーマンスに悪影響を及ぼします。
バックアップが完了した後にキャッシュを削除すると、他のノードがクラスターのロック/キャッシュのオーナーシップを再取得する時間が短縮されます。ただし、バックアッププロセスが開始する前に他のノードがキャッシュしていたデータのキャッシュが停止されることになるため、これでも理想的ではありません。以下のコマンドを実行すると、バックアップの完了後にキャッシュを削除することができます。
echo -n 3 > /proc/sys/vm/drop_caches
タスクがノード間で分割されるようクラスター内の各ノードがそれぞれのファイルをバックアップした方が処理が高速になります。これは、ノード固有のディレクトリーで rsync コマンドを使用するスクリプトにより実行することができます。
GFS2 バックアップは、SAN 上でハードウェアスナップショットを作成し、そのスナップショットを別のシステムに提供して、そこでバックアップすることにより作成することが推奨されます。スナップショットはクラスター内にないため、バックアップシステムが -o lockproto=lock_nolock でスナップショットをマウントする必要があります。