Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

索引

シンボル

アンマウント、システムのハング, GFS2 ファイルシステムのアンマウント
アンマウントコマンド, GFS2 ファイルシステムのアンマウント
アンマウント時のシステムハング, GFS2 ファイルシステムのアンマウント
クォータの管理, GFS2 のクォータ管理, 強制またはアカウンティングモードでのクォータの設定
クォータの同期, quotasync コマンドを使用したクォータの同期
ジャーナル追加用の GFS2 固有のオプション表, 完全な使用法
テーブル
mkfs.gfs2 コマンドオプション, 全オプション
ジャーナル追加用の GFS2 固有のオプション, 完全な使用法
ファイルシステムを拡張する GFS2 固有のオプション, 完全な使用法
マウントオプション, 完全な使用法
ディスククォータ
グループごとに割り当て, グループごとのクォータ割り当て
ソフト制限, ユーザーごとのクォータ割り当て
ハード制限, ユーザーごとのクォータ割り当て
ユーザーごとに割り当て, ユーザーごとのクォータ割り当て
有効化, ディスククォータの設定
quotacheck、実行中, クォータデータベースファイルの作成
クォータファイルの作成, クォータデータベースファイルの作成
管理, ディスククォータの管理
quotacheck コマンド、確認, クォータの精度維持
レポート, ディスククォータの管理
関連資料, リファレンス
データジャーナリング, データジャーナリング
トレースポイント, GFS2 トレースポイントおよび debugfs glocks ファイル
ノードロック機能, GFS2 のノードロック機能
パフォーマンスチューニング, GFS2 によるパフォーマンスチューニング
ファイルシステム
atime、更新の設定, atime 更新の設定
noatime でのマウント, noatime を使用したマウント
relatime でのマウント, relatime を使用したマウント
アクティビティーの一時停止, GFS2 ファイルシステム上の動作の一時停止
アンマウント, GFS2 ファイルシステムのアンマウント
クォータの管理, GFS2 のクォータ管理, 強制またはアカウンティングモードでのクォータの設定
クォータの同期, quotasync コマンドを使用したクォータの同期
ジャーナルの追加, GFS2 ファイルシステムへジャーナルの追加
データジャーナリング, データジャーナリング
マウントする, GFS2 ファイルシステムマウント
作成, GFS2 ファイルシステムの作成
修復, GFS2 ファイルシステムの修復
拡大, GFS2 ファイルシステムの拡張
ファイルシステムにジャーナルを追加, GFS2 ファイルシステムへジャーナルの追加
ファイルシステムのアンマウント, GFS2 ファイルシステムのアンマウント
ファイルシステムのマウント, GFS2 ファイルシステムマウント
ファイルシステムの作成, GFS2 ファイルシステムの作成
ファイルシステムの修復, GFS2 ファイルシステムの修復
ファイルシステムの拡張, GFS2 ファイルシステムの拡張
ファイルシステム上の動作の一時停止, GFS2 ファイルシステム上の動作の一時停止
ファイルシステム拡張用の GFS2 固有のオプション表, 完全な使用法
マウントコマンド, GFS2 ファイルシステムマウント
マウント表, 完全な使用法
新機能と変更点, 新機能と変更点
最大サイズ, GFS2 ファイルシステム, GFS2 サポート制限
概要, GFS2 の概要
新機能と変更点, 新機能と変更点
設定, 事前, GFS2 を設定する前に
設定, 事前, GFS2 を設定する前に
設定における考慮事項, GFS2 の設定および操作における考慮事項
調整, パフォーマンス, GFS2 によるパフォーマンスチューニング

A

acl マウントオプション, GFS2 ファイルシステムマウント
atime、更新の設定, atime 更新の設定
noatime でのマウント, noatime を使用したマウント
relatime でのマウント, relatime を使用したマウント

M

mkfs コマンド, GFS2 ファイルシステムの作成
mkfs.gfs2 コマンドオプションテーブル, 全オプション

P

Posix ロック, POSIX ロックの問題

Q

quotacheck, クォータデータベースファイルの作成
quotacheck コマンド
によるクォータ正確性の確認, クォータの精度維持
quota_quantum 調整可能なパラメーター, quotasync コマンドを使用したクォータの同期

W

withdraw 機能, GFS2, GFS2 withdraw 機能

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。