1.5. Red Hat Enterprise Linux 7 での gfs2_tool の代替機能

gfs2_tool コマンドは、Red Hat Enterprise Linux 7 ではサポートされません。表1.2「Red Hat Enterprise Linux 7 での gfs2_tool の同等な機能」では、Red Hat Enterprise Linux 7 の gfs2_tool コマンドオプションの同等の機能について簡単に説明しています。

表1.2 Red Hat Enterprise Linux 7 での gfs2_tool の同等な機能

gfs2_tool オプション代替機能
clearflag Flag File1 File2 ...
ファイルの属性フラグを消去する
Linux の標準的な chattr コマンド
freeze mountpoint
GFS2 ファイルシステムをフリーズ (休止) する
Linux の標準的な fsfreeze -f mountpoint コマンド
gettune mountpoint
チューニングパラメーターの現在の値を出力する
多くの場合、mount (get mount options) によって置き換えられます。他のチューニングパラメーターは、各 sysfs ファイルから取得できます (/sys/fs/gfs2/dm-3/tune/*)。
journals mountpoint
GFS2 ファイルシステムのジャーナルに関する情報を出力する
ジャーナルの情報は gfs2_edit -p journals device で取得できます。このコマンドは、ファイルシステムをマウントしている状態で使用できます。
# gfs2_edit -p journals /dev/clus_vg/lv1 
Block #Journal Status:       of 2620416 (0x27fc00) 
-------------------- Journal List --------------------
journal0: 0x14    128MB clean.
journal1: 0x805b  128MB clean.
------------------------------------------------------
lockdump mountpoint
該当するファイルシステムに対してこのマシンが保持するロックに関する情報を出力する
GFS2 ロックの情報は、debugfs をマウントし、以下のようなコマンドを実行して取得できます。
# cat /sys/kernel/debug/gfs2/clustername:file_system_name/glocks
sb device proto [newvalue]
ロッキングプロトコルを表示 (場合によっては、さらに置換) する
ロッキングプロトコルの現在の値を取得するには、次のコマンドを使用します。
# tunegfs2 -l device | grep protocol
ロッキングプロトコルの現在の値を置換するには、次のコマンドを使用します。
# tunegfs2 -o lockproto=lock_dlm device
sb device table [newvalue]
ロッキングテーブルの名前を表示 (場合によっては、さらに置換) する
ロッキングテーブル名の現在の値を取得するには、次のコマンドを使用します。
# tunegfs2 -l device | grep table
ロッキングテーブル名の現在の値を置換するには、次のコマンドを使用します。
# tunegfs2 -o locktable=file_system_name device
sb device ondisk [newvalue]
ondisk フォーマット番号を表示 (場合によっては、さらに置換) する
このタスクは実行しないでください。
sb device multihost [newvalue]
multihost フォーマット番号を表示 (場合によっては、さらに置換) する
このタスクは実行しないでください。
sb device uuid [newvalue]
uuid 値を表示 (場合によっては、さらに置換) する
uuid の現在の値を取得するには、次のコマンドを使用します。
# tunegfs2 -l device | grep UUID
uuid の現在の値を置換するには、次のコマンドを使用します。
# tunegfs2 -U uuid device
sb device all
GFS2 スーパーブロックを出力する
# tunegfs2 -l device
setflag Flag File1 File2 ...
ファイルの属性フラグを設定する
Linux の標準的な chattr コマンド
settune mountpoint parameter newvalue
チューニングパラメーターの値を設定する
多くの場合、mount (-o remount とオプション) によって置き換えられます。他のチューニングパラメーターは、各 sysfs ファイルで設定できます (/sys/fs/gfs2/cluster_name:file_system_name/tune/*)。
unfreeze mountpoint
GFS2 ファイルシステムをフリーズ解除する
Linux の標準的な fsfreeze -unfreeze mountpoint コマンド
version
gfs2_tool コマンドのバージョンを表示する
該当なし
withdraw mountpoint
GFS2 により該当するファイルシステムを強制シャットダウンする
# echo 1 > /sys/fs/gfs2/cluster_name:file_system_name/tune/withdraw