B.8. log トレースポイント

このサブシステムのトレースポイントは、ジャーナル (gfs2_pin) に追加された、もしくは削除されたブロックと、ログ (gfs2_log_flush) へのトランザクションのコミット所要時間をトラッキングします。このトレースポイントは、ジャーナリングパフォーマンスに関する問題をデバッグする際に非常に役立ちます。
gfs2_log_blocks トレースポイントは、ログ内で確保済みブロックを追跡します。これは、たとえばワークロードに対してログが小さすぎるかどうかを確認するのに役立ちます。
gfs2_ail_flush トレースポイントは、AIL リストのフラッシュの開始と終了を追跡するため、gfs2_log_flush トレースポイントと似ています。AIL リストには、ログに書き込まれ、まだ書き戻されていないバッファーが含まれます。このリストは、ファイルシステムが使用するログ領域をさらに解放するために定期的にフラッシュされます。また、プロセスが sync または fsync を要求した際にもフラッシュされます。