5.9. multipath コマンドを使ったマルチパスクエリー

multipath コマンドで -l-ll のオプションを使用すると、現在のマルチパス設定を表示きます。-l オプションは、sysfs の情報から収集したマルチパストポロジーと、デバイスマッパーを表示します。-ll オプションは、-l オプションが表示する情報の他に、使用できる他のすべてのシステムコンポーネントを表示します。
マルチパス設定を表示する際に、 multipath コマンドの -v オプションで指定できる詳細レベルが 3 つあります。-v0 は出力がありません。-v1 は、作成または更新されたマルチパス名だけを出力します。マルチパス名は、kpartx など他のツールに与えることができます。-v2 は検知されたすべてのパス、マルチパス、デバイスマップを表示します。
multipath -l コマンドの出力を以下に示します。
# multipath -l
3600d0230000000000e13955cc3757800 dm-1 WINSYS,SF2372
size=269G features='0' hwhandler='0' wp=rw
|-+- policy='round-robin 0' prio=1 status=active
| `- 6:0:0:0 sdb 8:16  active ready  running
`-+- policy='round-robin 0' prio=1 status=enabled
  `- 7:0:0:0 sdf 8:80  active ready  running
multipath -ll コマンドの出力を以下に示します。
# multipath -ll
3600d0230000000000e13955cc3757801 dm-10 WINSYS,SF2372
size=269G features='0' hwhandler='0' wp=rw
|-+- policy='round-robin 0' prio=1 status=enabled
| `- 19:0:0:1 sdc 8:32  active ready  running
`-+- policy='round-robin 0' prio=1 status=enabled
  `- 18:0:0:1 sdh 8:112 active ready  running
3600d0230000000000e13955cc3757803 dm-2 WINSYS,SF2372
size=125G features='0' hwhandler='0' wp=rw
`-+- policy='round-robin 0' prio=1 status=active
  |- 19:0:0:3 sde 8:64  active ready  running
  `- 18:0:0:3 sdj 8:144 active ready  running