Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

2.4. 論理ボリューム内のマルチパスデバイス

マルチパスデバイスを作成したら、LVM 物理ボリュームを作成する時に物理デバイス名を使用するのと同じように、マルチデバイス名を使用することができます。例えば、マルチパスデバイスの名前が /dev/mapper/mpath0 の場合は、以下のコマンドを実行すると /dev/mapper/mpatha が物理ボリュームとして認識されます。
pvcreate /dev/mapper/mpatha
上記のコマンドで得られた LVM 物理デバイスは、他の LVM 物理デバイスと同じように、LVM ボリュームグループを作成する時に使用することができます。

注記

複数のパーティションが設定されたデバイス全体に LVM 物理ボリュームを作成しようとすると、pvcreate コマンドは失敗します。特に指定しない限り、Anaconda や Kickstart インストールプログラムは、すべてのブロックデバイスに対して空のパーティションテーブルを作成するので注意してください。パーティションではなくデバイス全体を使用したい場合には、そのデバイスから既存のパーティションを削除する必要があります。既存パーティションの削除には、kpartx -dfdisk のコマンドを使用できます。システムに 2TB 以上のブロックデバイスがある場合は、parted コマンドを使用してパーティションを削除します。
複数の物理デバイスで、active/passive のアレイを構成しマルチパスを使用する LVM 論理ボリュームを作成する場合は、/etc/lvm/lvm.conf ファイルにフィルターを追加して、このような複数デバイスで構成されマルチパスを使用するディスクを除外してください。フィルターを使って除外しないと、I/O の受信時に、active パスが自動的に passive パスに変更し、 LVM でその passive パスがスキャンされるたびに、マルチパスによりフェイルオーバーとフェイルバックが繰り返されることになります。 passive パスを active パスに変更する際にコマンドを必要とする active/passive アレイの場合、このような状態が発生すると LVM で警告メッセージが表示されます。
LVM 設定ファイル (lvm.conf) ですべての SCSI デバイスをフィルターするには、そのファイルの devices セクションに、以下のフィルターを組み込みます。
filter = [ "r/block/", "r/disk/", "r/sd.*/", "a/.*/" ]