Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

1.2. DM Multipath の概要

DM Multipath は以下のような目的に使用できます。
  • 冗長性
    DM Multipath は、アクティブ/パッシブ構成でフェイルオーバーを提供できます。アクティブ/パッシブ構成では、パスは、I/O には常に半分しか使用されません。I/O パスの要素 (ケーブル、スイッチ、またはコントローラー) に障害が発生すると、DM Multipath は代替パスに切り替えます。
  • パフォーマンスの向上
    DM Multipath を active/active モードに設定すると、I/O はラウンドロビン式でパス全体に分散されます。一部の構成では、DM Multipath は I/O パスの負荷を検出し、負荷を動的に再調整できます。
図1.1「active/passive マルチパス設定 - RAID デバイスが1つ」 は、サーバーから RAID デバイスへの I/O パスが 2 つあるアクティブ/パッシブ構成を示しています。サーバーには HBA が 2 つ、SAN スイッチ、RAID コントローラーが 2 つずつあります。

図1.1 active/passive マルチパス設定 - RAID デバイスが1つ

active/passive マルチパス設定 - RAID デバイスが1つ
この設定では、hba1、SAN1、およびコントローラー 1 を通る I/O パスと、hba2、SAN2、およびコントローラー 2 を通る I/O パスの 2 つ のパスがあります。この設定には、障害が発生する可能性のあるポイントが数多く存在します。
  • HBA の障害
  • FC ケーブルの障害
  • SAN スイッチの障害
  • アレイコントローラーポートの障害
DM-Multipath が設定されていると、このようなポイントで障害が発生したときに、DM-Multipath により代替 I/O パスへの切り替えが行われます。
図1.2「active/passive マルチパス設定 - RAID デバイスが2つ」 は、2 つの RAID コントローラーを持つ 2 つの HBA、サーバー、2 つの SAN スイッチ、および 2 つの RAID デバイスを持つ、より複雑なアクティブ/パッシブ構成を示しています。

図1.2 active/passive マルチパス設定 - RAID デバイスが2つ

active/passive マルチパス設定 - RAID デバイスが2つ
図1.2「active/passive マルチパス設定 - RAID デバイスが2つ」 の例では、各 RAID デバイスへの I/O パスが 2 つあります( 図1.1「active/passive マルチパス設定 - RAID デバイスが1つ」のように)。DM-Multipath が設定されていると、RAID デバイスへの I/O パスで障害が発生したときに、DM-Multipath が、I/O パスを別のパスに切り替えます。
図1.3「active/active マルチパス設定 - RAID デバイスが1つ」 は、サーバー、2 つの HBA、SAN スイッチ、および 2 RAID コントローラーを使用したアクティブ/アクティブ設定を表示します。サーバーからストレージデバイスへの I/O パスは 4 つあります。
  • hba1 から controller1 まで
  • hba1 から controller2 まで
  • hba2 から controller1 まで
  • hba2 から controller2 まで
この設定では、 I/O をこれらの 4 つのパスに分散することが可能です。

図1.3 active/active マルチパス設定 - RAID デバイスが1つ

active/active マルチパス設定 - RAID デバイスが1つ