Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

1.4. DM Multipath のコンポーネント

表1.1「DM Multipath のコンポーネント」 で、DM-Multipath のコンポーネントを説明します。

表1.1 DM Multipath のコンポーネント

コンポーネント説明
dm_multipath カーネルモジュールI/O を再ルーティングして、パス群とパスグループのフェイルオーバーをサポートします。
mpathconf ユーティリティーデバイスマッパーのマルチパスを設定し、有効化します。
multipath コマンドマルチパスデバイスを表示、設定します。通常、/etc/rc.sysinit で起動しますが、ブロックデバイスを追加した場合は udev プログラムで起動することもできます。
multipathd デーモンパスを監視します。パスに障害が発生し復旧した際、パスグループスイッチを起動できます。対話式でマルチパスデバイスに変更を加えることができます。/etc/multipath.conf ファイルを変更した場合は、常にデーモンを再起動する必要があります。
kpartx コマンドデバイス上のパーティション用にデバイスマッパーデバイスを作成します。DM Multipath の DOS ベースパーティションの場合はこのコマンドを使用する必要があります。kpartx はそれ自体のパッケージで提供されますが、device-mapper-multipath パッケージはそのパッケージに依存します。