Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第2章 マルチパスデバイス

DM-Multipath を使用しない場合、サーバーノードからストレージコントローラーへの各パスは、システムでは別々のデバイスとして扱われます。I/O パスが同じサーバーノード、同じストレージコントローラーをつないでいても同様です。DM-Multipath は複数のデバイスをまとめて一つのマルチパスデバイスを作成し、複数の I/O のパスを論理的に整理する方法を提供します。

2.1. マルチパスデバイス識別子

マルチパスデバイスは、それぞれグローバルに固有で不変となる World Wide Identifier (WWID) を持っています。マルチパスデバイス名はデフォルトでは WWID が付けられます。マルチパス設定ファイル内に user_friendly_names オプションを設定すると、mpathn 形式の、ノード固有の名前にエイリアスを作成することができます。
例えば、HBA を 2 つ搭載したノードとポートが 2 つあるストレージコントローラーを、ゾーニングされていない 1 つの FC スイッチで接続した場合、/dev/sda/dev/sdbdev/sdc/dev/sdd の 4 つのデバイスが認識されます。DM-Multipath はマルチパス設定に従ってこれら 4 つのデバイスへ I/O を再ルーティングする 1 つのデバイスを、固有の WWID を付けて作成します。user_friendly_names 設定オプションを yes に設定していた場合は、マルチパスデバイスの名前が mpathn になります。
新しいデバイスを DM-Multipath の管理下に置くと、/dev ディレクトリ配下の /dev/mapper/mpathn/dev/dm-n の 2 ヶ所に表示されます。
  • /dev/mapper のデバイスは起動プロセスの初期段階で作成され、論理ボリュームの作成時など、マルチパス設定したデバイスへのアクセスに使用されます。
  • /dev/dm-n 形式のデバイスはすべて内部的な使用を目的としているため、管理者の方は絶対に使用しないでください。
user_friendly_names 設定オプションなど、マルチパス設定のデフォルト値については 「設定ファイルの defaults セクション」 を参照してください。
マルチパスデバイスに任意の名前を付けることもできます。マルチパス設定ファイルの multipaths セクションにある alias オプションを使用します。マルチパス設定ファイルの multipaths セクションについての詳細は 「設定ファイルの multipaths セクション」 を参照してください。