Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.3. ストレージデバイスの設定

DM-Multipath に対応しているストレージアレイで最も一般的なものについては、DM-Multipath の設定にデフォルトで含まれています。対応デバイスなど、デフォルトの設定値については、以下のいずれかのコマンドを実行して確認してください。
# multipathd show config
# multipath -t 
既知のマルチパスデバイスとして、デフォルトではサポートされていないストレージデバイスを追加する必要がある場合は、/etc/multipath.conf ファイルを編集して適切なデバイス情報を記入します。
例えば、HP Open-V シリーズに関する情報を追加する場合は、以下のようなエントリーを記述します。この例では、すべてのパスに障害が発生した場合には、1 分間 (または 5 秒ごとの再試行で 12 回の再試行を行う) のキュー待ちを行うようデバイスを設定しています。
devices {
        device {
                vendor "HP"
                product "OPEN-V"
                no_path_retry 12
        }
}
設定ファイルの devices セクションについての詳細は 「設定ファイルの devices セクション」 をご覧ください。