Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.3. root ファイルシステムを、シングルパスデバイスからマルチパスデバイスへ移行

シングルパスのデバイスにシステムをインストールしてから、別のパスを root ファイルシステムに追加する場合は、root ファイルシステムをマルチパスのデバイスに移行する必要があります。本セクションでは、シングルパスからマルチパスのデバイスへの移行手順を説明します。
device-mapper-multipath パッケージがインストールされていることを確認した上で、以下の手順を実行します。
  1. 以下のコマンドを実行して /etc/multipath.conf 設定ファイルを作成、マルチパスモジュールをロードして multipathdchkconfigon に設定します。
    # mpathconf --enable
    mpathconf コマンドを使ったマルチパスの設定に関する詳細は 「DM Multipath の設定」 を参照してください。
  2. find_multipaths 設定パラメーターが yes に設定されていない場合は、「設定ファイルの blacklist セクション」 の説明に従い /etc/multipath.conf ファイルの blacklist セクションと blacklist_exceptions セクションを変更してください。
  3. 検出され次第、root デバイスにマルチパスデバイスを構築させるため、次のコマンドを実行します。また、このコマンドを実行することで、パスが 1 つしかない場合でも必ずマルチパスデバイスが構築されるようになります。
    # multipath -a root_devname
    例えば root デバイスが /dev/sdb の場合は次のコマンドを実行します。
    # multipath -a /dev/sdb
    wwid '3600d02300069c9ce09d41c4ac9c53200' added
  4. 設定ファイルの設定が正しく行われたことを確認するため、multipath コマンドを実行して、次のような行が出力されていることを検索します。この行は、コマンドがマルチパスデバイスの作成に失敗したことを示しています。
    date  wwid: ignoring map
    例えばデバイスの WWID が 3600d02300069c9ce09d41c4ac9c53200 なら次のような行が出力に表示されます。
    # multipath
    Oct 21 09:37:19 | 3600d02300069c9ce09d41c4ac9c53200: ignoring map
  5. dracut コマンドに以下のオプションを付けて実行し、multipath 付きのinitramfs ファイルシステムを再ビルドします。
    # dracut --force -H --add multipath
  6. マシンをシャットダウンします。
  7. マシンから他のパスが見えるように、FC スイッチを設定します。
  8. マシンを起動します。
  9. root ファイルシステム ('/') が、マルチパス設定したデバイス上にあることを確認します。