3.2. マルチパスデバイスの作成時にローカルのディスクを無視

内蔵ディスクにローカルの SCSI カードが搭載されているマシンがあります。これらのデバイスに DM-Multipath を使用することは推奨されません。find_multipaths 設定パラメーターを yes にセットすると、こうしたデバイスをブラックリストに指定する必要がなくなります。find_multipaths 設定パラメーターについては 「設定ファイルの defaults セクション」 を参照してください。
find_multipaths 設定パラメーターを yes にセットしない場合は、以下の手順に従ってマルチパス設定ファイルを修正すると、マルチパスの設定時にローカルのディスクを無視できます。
  1. どのディスクが内蔵ディスクかを確認し、そのディスクに、ブラックリストとして指定する印を付けます。
    以下の例では /dev/sda が内蔵ディスクです。デフォルトのマルチパス設定ファイル内で元々設定されているように、multipath -v2 を実行するとマルチパスマップ内にローカルディスク /dev/sda が表示されます。
    multipath コマンドの出力に関する詳細は 「Multipath コマンドの出力」 をご覧ください。
    # multipath -v2
    create: SIBM-ESXSST336732LC____F3ET0EP0Q000072428BX1 undef WINSYS,SF2372
    size=33 GB features="0" hwhandler="0" wp=undef
    `-+- policy='round-robin 0' prio=1 status=undef
      |- 0:0:0:0 sda 8:0  [--------- 
    
    device-mapper ioctl cmd 9 failed: Invalid argument
    device-mapper ioctl cmd 14 failed: No such device or address
    create: 3600a0b80001327d80000006d43621677 undef WINSYS,SF2372
    size=12G features='0' hwhandler='0' wp=undef
    `-+- policy='round-robin 0' prio=1 status=undef
      |- 2:0:0:0 sdb 8:16  undef ready  running
      `- 3:0:0:0 sdf 8:80 undef ready  running
    
    create: 3600a0b80001327510000009a436215ec undef WINSYS,SF2372
    size=12G features='0' hwhandler='0' wp=undef
    `-+- policy='round-robin 0' prio=1 status=undef
      |- 2:0:0:1 sdc 8:32 undef ready  running
      `- 3:0:0:1 sdg 8:96 undef ready  running
    
    create: 3600a0b80001327d800000070436216b3 undef WINSYS,SF2372
    size=12G features='0' hwhandler='0' wp=undef
    `-+- policy='round-robin 0' prio=1 status=undef
      |- 2:0:0:2 sdd 8:48 undef ready  running
      `- 3:0:0:2 sdg 8:112 undef ready  running
    
    create: 3600a0b80001327510000009b4362163e undef WINSYS,SF2372
    size=12G features='0' hwhandler='0' wp=undef
    `-+- policy='round-robin 0' prio=1 status=undef
      |- 2:0:0:3 sdd 8:64 undef ready  running
      `- 3:0:0:3 sdg 8:128 undef ready  running
  2. デバイスマッパーによる /dev/sda のマルチパスマップへのマッピングを阻止するため、/etc/multipath.conf ファイルの blacklist セクションを編集してこのデバイスを追加します。devnode タイプで sda デバイスをブラックリストに指定することも可能ですが、/dev/sda が再起動後に同じく /dev/sda になる保証はないため安全な方法ではありません。デバイスを 1 つ 1 つブラックリストに指定する場合は、そのデバイスの WWID を使用します。
    multipath -v2 コマンドに対する出力を見ると、/dev/sda デバイスの WWID は SIBM-ESXSST336732LC____F3ET0EP0Q000072428BX1 になっています。このデバイスをブラックリストに指定する場合は /etc/multipath.conf ファイルに以下の記述を含めます。
    blacklist {
          wwid SIBM-ESXSST336732LC____F3ET0EP0Q000072428BX1
    }
  3. /etc/multipath.conf ファイルを更新したら、multipathd デーモンにファイルを再ロードするよう、手動で指示する必要があります。以下のコマンドで、更新した /etc/multipath.conf ファイルを再ロードします。
    # service multipathd reload
  4. 以下のコマンドを実行して、マルチパスデバイスを削除します。
    # multipath -f SIBM-ESXSST336732LC____F3ET0EP0Q000072428BX1
  5. multipath -ll コマンドを実行して現在のマルチパス設定を表示させ、削除が正しく行われたかを確認します。multipath -ll コマンドについては 「multipath コマンドを使ったマルチパスクエリー」 を参照してください。
    ブラックリストに指定されたデバイスが再度追加されていないことを確認する場合は、以下の例のように multipath コマンドを実行します。-v オプションを指定しないと、multipath コマンドのデフォルト詳細レベルは v2 になります。
    # multipath
    
    create: 3600a0b80001327d80000006d43621677 undef WINSYS,SF2372
    size=12G features='0' hwhandler='0' wp=undef
    `-+- policy='round-robin 0' prio=1 status=undef
      |- 2:0:0:0 sdb 8:16  undef ready  running
      `- 3:0:0:0 sdf 8:80 undef ready  running
    
    create: 3600a0b80001327510000009a436215ec undef WINSYS,SF2372
    size=12G features='0' hwhandler='0' wp=undef
    `-+- policy='round-robin 0' prio=1 status=undef
      |- 2:0:0:1 sdc 8:32 undef ready  running
      `- 3:0:0:1 sdg 8:96 undef ready  running
    
    create: 3600a0b80001327d800000070436216b3 undef WINSYS,SF2372
    size=12G features='0' hwhandler='0' wp=undef
    `-+- policy='round-robin 0' prio=1 status=undef
      |- 2:0:0:2 sdd 8:48 undef ready  running
      `- 3:0:0:2 sdg 8:112 undef ready  running
    
    create: 3600a0b80001327510000009b4362163e undef WINSYS,SF2372
    size=12G features='0' hwhandler='0' wp=undef
    `-+- policy='round-robin 0' prio=1 status=undef
      |- 2:0:0:3 sdd 8:64 undef ready  running
      `- 3:0:0:3 sdg 8:128 undef ready  running