Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.2.2. デバイス名でブラックリストの指定

設定ファイルの blacklist セクションで devnode エントリーを使用し、デバイス名でデバイスタイプをブラックリストに指定し、マルチパスデバイスに含まれないようにできます。
以下の例では、sd* のデバイスをすべてブラックリストに指定することで、すべての SCSI デバイスをブラックリストに指定します。
blacklist {
       devnode "^sd[a-z]"
}
blacklist セクションで devnode エントリーを使用すると、特定タイプに該当する全デバイスではなく、個々のデバイスをブラックリストに指定できます。ただし、デバイスが udev ルールで静的にマッピングされていない限り、再起動後にそのデバイス名が同じ名前になる保証がないため、この方法は推奨できません。再起動すると、デバイス名が /dev/sda から /dev/sdb などに変わる可能性があります。
デフォルトでは、以下の devnode エントリーがデフォルトのブラックリストにコンパイルされています。このエントリーによりブラックリストに指定されるデバイスは、通常 DM Multipath をサポートしません。このようなデバイスでマルチパスを有効にするには、「ブラックリストから除外」 の説明に従って、設定ファイルの blacklist_exceptions セクションにデバイスを指定する必要があります。
blacklist {
       devnode "^(ram|raw|loop|fd|md|dm-|sr|scd|st)[0-9]*"
       devnode "^(td|ha)d[a-z]"
}