Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.2. 設定ファイルの blacklist セクション

マルチパス設定ファイルの blacklist セクションには、システムがマルチパスデバイスを設定する際に使用しないデバイスを指定します。ブラックリストに指定したデバイスは、マルチパスデバイスには含まれません。
以前の Red Hat Enterprise Linux のリリースでは、明示的にブラックリストに指定されていないすべてのパスに、マルチパスデバイスの作成を試行していました。Red Hat Enterprise Linux 6 からは、find_multipaths 設定パラメーターを yes に設定すると、マルチパスによるデバイスの作成が、以下の 3 つの条件のうちのいずれかを満たす場合に限られます。
  • ブラックリストに指定されておらず、同一の WWID を持つパスが少なくとも 2 つある場合。
  • 手動で multipath コマンドを実行して、デバイスを指定して作成を強制している場合。
  • 任意のパスが、以前に作成されたマルチパスデバイスと同一の WWID を持っている場合 (そのマルチパスデバイスがその時点で存在していない場合も含む)。マルチパスデバイスを作成すると、常にそのデバイスの WWID が記憶されるため、同一の WWID を持つパスが検出されると、そのデバイスが自動的に再作成されます。これにより、マルチパスのブラックリストを編集しなくても、マルチパスが自動的に正しいパスを選択してマルチパスデバイスにすることができます。
    find_multipaths パラメーターを使用しないでマルチパスデバイスを作成してから、パラメーターを yes に設定し直した場合は、/etc/multipath/wwids ファイルから、マルチデバイスとして作成しないデバイスの WWID を削除しなければならない可能性もあります。以下は、/etc/multipath/wwids ファイルの例を示しています。スラッシュ (/) で囲まれている部分が WWID です。
    # Multipath wwids, Version : 1.0
    # NOTE: This file is automatically maintained by multipath and multipathd.
    # You should not need to edit this file in normal circumstances.
    #
    # Valid WWIDs:
    /3600d0230000000000e13955cc3757802/
    /3600d0230000000000e13955cc3757801/
    /3600d0230000000000e13955cc3757800/
    /3600d02300069c9ce09d41c31f29d4c00/
    /SWINSYS  SF2372         0E13955CC3757802/
    /3600d0230000000000e13955cc3757803/
    
find_multipaths パラメーターを yes に設定すれば、複数のパスがあるにも関わらずマルチパスを設定しないデバイスだけを、ブラックリストに指定する必要があります。そのため、通常はデバイスをブラックリストに指定する必要がありません。
デバイスをブラックリストを指定する必要がある場合は、以下の基準に従って行います。
デフォルトでは、設定ファイルの初期ブラックリストセクションをコメントアウトした後でも、各種のデバイスタイプがブラックリストに指定されます。詳細は 「デバイス名でブラックリストの指定」 を参照してください。

4.2.1. WWID でブラックリストの指定

設定ファイルの blacklist セクションで wwid エントリーを使用し、World-Wide IDentification でデバイスをブラックリストに指定できます。
以下の例では、WWID が 26353900f02796769 であるデバイスをブラックリストに指定します。
blacklist {
       wwid 26353900f02796769
}