Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.2.6. ブラックリストから除外

設定ファイルの blacklist_exceptions セクションを使用すると、デフォルトではブラックリストに指定されているデバイスで、マルチパスを有効にできます。
例えば、デバイスが多数あり、その中の1つのデバイス (以下の例では WWID が 3600d0230000000000e13955cc3757803 のデバイス) でのみマルチパスを有効にしたい場合は、有効にしたいデバイス以外のものを 1 つ 1 つブラックリストに指定するのではなく、一旦すべてのデバイスをブラックリストに指定してから、/etc/multipath.conf ファイルに以下の行を追加すれば、目的のデバイスにだけマルチパスを許可することができます。
blacklist {
        wwid "*"
}

blacklist_exceptions {
        wwid "3600d0230000000000e13955cc3757803"
}
設定ファイルの blacklist_exceptions セクションでデバイスを指定する場合は、blacklist で指定したのと同じ方法で指定しなければなりません。たとえば、blacklist で devnode エントリーを使用してデバイスを指定している場合は、exception で除外指定に使用している WWID が正しくても適用されません。同様に devnode による除外は、devnode エントリーでブラックリストを指定したデバイスにしか適用されず、device による除外は、device エントリーでブラックリストを指定したデバイスにしか適用されません。
property パラメーターの挙動は、他の blacklist_exception パラメーターとは異なります。このパラメーターを設定した場合は、一致する udev 変数がデバイスに必要になります。この変数がないと、デバイスはブラックリストに指定されます。このパラメーターを使用すると、USB スティックやローカルハードドライブなど、マルチパスが無視する必要のある SCSI デバイスをブラックリストに登録できます。合理的にマルチパス化できる SCSI デバイスのみを許可するには、以下の例のようにこのパラメーターを SCSI_IDENT_|ID_WWN) に設定します。
blacklist_exceptions {
        property "(SCSI_IDENT_|ID_WWN)"
}