Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.8. Multipath コマンドの出力

マルチパスデバイスの作成、修正、一覧表示を行う際、現在のデバイス設定が表示されます。形式を以下に示します。
マルチパスデバイス
 action_if_any: alias (wwid_if_different_from_alias) dm_device_name_if_known vendor,product size=size features='features' hwhandler='hardware_handler' wp=write_permission_if_known 
パスグループ
-+- policy='scheduling_policy' prio=prio_if_known status=path_group_status_if_known
パス
 `- host:channel:id:lun devnode major:minor dm_status_if_known path_status online_status
マルチパスコマンドの出力例を以下に示します。
3600d0230000000000e13955cc3757800 dm-1 WINSYS,SF2372
size=269G features='0' hwhandler='0' wp=rw
|-+- policy='round-robin 0' prio=1 status=active
| `- 6:0:0:0 sdb 8:16  active ready  running
`-+- policy='round-robin 0' prio=1 status=enabled
  `- 7:0:0:0 sdf 8:80  active ready  running
パスの準備が整うと、パスの状態が ready または ghost になります。パスに障害が発生すると、状態は faulty または shaky になります。パスの状態は、/etc/multipath.conf ファイルに定義されているポーリング間隔に応じ、multipathd デーモンによって定期的に更新されます。
dm の状態は、パスの状態と似ていますが、カーネルの観点からは異なります。dm の状態は、failed (faulty に類似) と、それ以外の状態を示す active の 2 種類があります。任意のデバイスのパス状態と dm 状態が、一時的に一致しない場合があります。
online_status に使用できる値は runningoffline です。offline の状態とは、この SCSI デバイスが無効になっているということです。

注記

マルチパスデバイスを作成中または修正中の場合、パスグループの状態、dm のデバイス名、書き込みパーミッション、dm の状態などは不明です。また、機能も常に正しいとは限りません。