第1章 Device Mapper を使ったマルチパス設定

DM-Multipath (Device mapper multipath) を使用すると、複数のサーバーノードと複数のストレージアレイとの間にある複数の I/O パスを、1 つのデバイスに設定できます。I/O パスとは物理的な SAN 接続のことで、各ケーブルやスイッチ、コントローラーなどが含まれます。複数の I/O パスを集め、集めたパスで構成される新しいデバイスを 1 つ作成するのがマルチパス機能です。
この章では、Red Hat Enterprise Linux 7 の初期リリースの後に追加された DM-Multipath の機能についてまとめています。また、DM-Multipath および各コンポーネントについての高水準の概要、DM-Multipath の設定についての概要についても説明しています。

1.1. 新機能および変更された機能

本項では、Red Hat Enterprise Linux 7 の初期リリース以降の DM Multipath の新機能について説明します。

1.1.1. Red Hat Enterprise Linux 7.1 で新たに追加された機能および変更点

Red Hat Enterprise Linux 7.1 では、ドキュメントと機能が以下のように更新、変更されています。
さらに、ドキュメント全体にわたり、技術的な内容の若干の修正と明確化を行いました。

1.1.2. Red Hat Enterprise Linux 7.2 の新機能および変更された機能

Red Hat Enterprise Linux 7.2 では、ドキュメントと機能が以下のように更新、変更されています。
  • 本書には新しい項 「Multipath Helper で自動設定ファイルの生成」 が加えられました。Multipath Helper アプリケーションを使用して、カスタムエイリアスとデバイスブラックリストのマルチパス設定や、個々のマルチパスデバイスの特性向け設定を作成できます。
  • multipath.conf 設定ファイルの defaults セクションで、パラメーター config_dirnew_bindings_in_bootignore_new_boot_devsretrigger_tries、および retrigger_delays がサポートされるようになりました。multipath.conf ファイルの defaults セクションについては、表4.1「マルチパス設定の defaults セクション」を参照してください。
  • multipath.conf 設定ファイルの defaultsdevices、および multipaths のセクションで、設定パラメーター delay_watch_checks および delay_wait_checks がサポートされるようになりました。これらの設定パラメーターの詳細については、「4章DM Multipath 設定ファイル」を参照してください。
さらに、ドキュメント全体にわたり、技術的な内容の若干の修正と明確化を行いました。

1.1.3. Red Hat Enterprise Linux 7.3 の新機能および変更された機能

Red Hat Enterprise Linux 7.3 では、ドキュメントと機能が以下のように更新、変更されています。
  • multipathd コマンドが、"raw" 形式のバージョンでマルチパスデバイスとパスのステータスを表示する新しい形式のコマンドをサポートするようになりました。raw 形式ではヘッダーはプリントされず、フィールドはヘッダーと整合するようにコラムにパディングがされていません。代わりに、書式設定文字列に指定された通りにフィールドをプリントします。multipathd コマンドの詳細は、「multipathd コマンド」を参照してください。
  • Red Hat Enterprise Linux 7.3 以降、デバイス設定で prio "alua exclusive_pref_bit" を指定すると、マルチパスが pref ビットセットのパスのみを含むパスグループを作成し、このパスグループに最高の優先度を与えるようになります。設定パラメーターの詳細は、「4章DM Multipath 設定ファイル」を参照してください。
  • multipath.conf 設定ファイルの defaultsdevices、および multipaths の各セクションで skip_kpartx 設定パラメーターがサポートされるようになりました。これらの設定パラメーターの詳細は、「4章DM Multipath 設定ファイル」を参照してください。
さらに、ドキュメント全体にわたり、技術的な内容の若干の修正と明確化を行いました。

1.1.4. Red Hat Enterprise Linux 7.4 の新機能および変更された機能

Red Hat Enterprise Linux 7.4 では、ドキュメントと機能が以下のように更新、変更されています。
  • multipath.conf 設定ファイルの defaultsdevices、および multipaths の各セクションで、max_sectors_kb 設定パラメーターをサポートするようになりました。設定パラメーターの詳細は、「4章DM Multipath 設定ファイル」を参照してください。
  • multipath.conf 設定ファイルの defaults セクションおよび devices セクションで、detect_path_checker 設定パラメーターをサポートするようになりました。設定パラメーターの詳細は、「4章DM Multipath 設定ファイル」を参照してください。
  • multipath.conf 設定ファイルの defaults セクションで、remove_retries パラメーターと detect_path_checker パラメーターをサポートするようになりました。multipath.conf ファイルの defaults セクションの詳細は、表4.1「マルチパス設定の defaults セクション」 を参照してください。

1.1.5. Red Hat Enterprise Linux 7.5 の新機能および変更された機能

Red Hat Enterprise Linux 7.5 では、ドキュメントと機能が以下のように更新、変更されています。
  • Red Hat Enterprise Linux 7.5 より、multipath.conf 設定ファイルの blacklist および blacklist_exceptions セクションが property パラメーターをサポートするようになりました。property パラメーターの詳細は「「ブラックリストから除外」」を参照してください。
  • multipath.conf 設定ファイルの defaults および multipaths セクションが reservation_key パラメーターの file の値をサポートするようになりました。設定パラメーターに関する詳細は「4章DM Multipath 設定ファイル」を参照してください。
  • multipath.conf 設定ファイルの defaults セクションは prkeys_file パラメーターをサポートします。multipath.conf ファイルの defaults セクションについては、表4.1「マルチパス設定の defaults セクション」 を参照してください。

1.1.6. Red Hat Enterprise Linux 7.6 の新機能および変更された機能

Red Hat Enterprise Linux 7.6 では、ドキュメントと機能が以下のように更新、変更されています。
  • Red Hat Enterprise Linux 7.6 より、設定ファイルの blacklist セクションで protocol セクションを使用すると、マルチパス化から除外するデバイスのプロトコルを指定することができます。デバイスプロトコルでブラックリストに指定する方法については、「「デバイスプロトコルでブラックリストの指定 (Red Hat Enterprise Linux 7.5 以上)」」を参照してください。
  • multipath.conf 設定ファイルの defaults および devices セクションは、all_tg_pt パラメーターをサポートします。設定パラメーターの詳細は、「4章DM Multipath 設定ファイル」を参照してください。