Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

14.3.4. ユーザーセッションログの表示

ユーザーセッションの問題についての詳細を確認する必要がある場合は、systemd ジャーナルを表示することができます。Red Hat Enterprise Linux 7 は systemd ベースのシステムであるため、ユーザーセッションのログデータはバイナリー形式で systemdジャーナルに直接保存されます。
注記
Red Hat Enterprise Linux 6 では、ユーザーセッションのログデータは ~/.xsession-errors ファイルに保存されていましたが、このファイルは使用されなくなりました。

手順14.6 ユーザーセッションログの表示

  1. 以下のコマンドを実行してユーザー ID (uid) を判別します。
    $ id --user
    1000
  2. 上記で判別されたユーザー ID のジャーナルログを表示します。
    $ journalctl _UID=1000

詳細情報の入手

journalctl(1) の man ページは、systemd ジャーナルの使用法についての詳細情報を提供しています。
Red Hat Enterprise Linux 7 での systemd ジャーナルの使用に関する詳細情報は、 Red Hat Enterprise Linux 7 システムレベルの認証ガイドを参照してください。