Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

14.2.2. スマートカード認証の有効化

スマートカード認証を有効にするには、以下のステップを続けて実行します。
  1. スマートカードのプロンプトを許可するよう GDM を設定する
  2. スマートカードを使用したログインを許可するようオペレーティングシステムを設定する

1.スマートカードのプロンプトを許可するよう GDM を設定する

スマートカード認証のプロンプトを許可するには、以下の 2 つの GDM 設定方法があります。
dconf エディター GUI

手順14.3 dconf エディター GUI を使用してスマートカード認証を有効にする

  1. org.gnome.login-screen enable-password-authentication dcof キーのチェックボックスを外します。
  2. org.gnome.login-screen enable-smartcard-authentication dcof キーのボックスにチェックを入れます。
dconf-tool

手順14.4 dconf-tool を使用してスマートカード認証を有効にする

  1. /etc/dconf/db/gdm.d ディレクトリーにキーファイルを作成します。
  2. 以下の内容をキーファイルに追加します。
    [org/gnome/login-screen]
    enable-password-authentication='false'
    enable-smartcard-authentication='true'
    
  3. システム dconf データベースを更新します。
    # dconf update

2.スマートカードを使用したログインを許可するようオペレーティングシステムを設定する

GDM をスマートカード認証用に設定したら、system-config-authentication ツールを使用してシステムでユーザーによるスマートカードの使用を可能にし、グラフィカル環境でスマートカードの使用を GDM に有効な認証方法とします。ツールは authconfig-gtk パッケージで提供されます。
スマートカード認証を可能にするシステム設定および system-config-authentication ツールについての詳細情報は、Red Hat Enterprise Linux 7 システムレベルの認証ガイドを参照してください。