Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

14.3.2. ユーザーデフォルトセッションの設定

デフォルトセッションは、AccountsService と呼ばれるプログラムから取得されます。AccountsService はこの情報を /var/lib/AccountsService/users/ ディレクトリーに保存します。
注記
GNOME 2 では、ユーザーのホームディレクトリーにある .dmrc ファイルがデフォルトセッションを作成するために使用されました。この .dmrc ファイルは使用されなくなりました。

手順14.5 ユーザーのデフォルトセッションの指定

  1. 以下のコマンドを実行して、gnome-session-xsession パッケージがインストールされていることを確認します。
    # yum install gnome-session-xsession
  2. /usr/share/xsessions ディレクトリーに移動します。ここでは、利用可能な各セッションの .desktop ファイルを見つけることができます。.desktop ファイルの内容を参照して、使用するセッションを特定します。
  3. ユーザーのデフォルトセッションを指定するには、/var/lib/AccountsService/users/username ファイル のユーザーの アカウントサービス を更新します。
    [User]
    Language=
    XSession=gnome
    この例では、GNOME は /usr/share/xsessions/gnome.desktop ファイルを使用するデフォルトセッションとして設定されています。Red Hat Enterprise Linux 7 におけるシステムのデフォルトは GNOME クラシック (/usr/share/xsessions/gnome-classic.desktop ファイル) であることに注意してください。
ユーザーのデフォルトセッションを指定した後は、ユーザーがログイン画面から別のセッションを指定しない限り、ユーザーの次回のログイン時にこのセッションが使用されます。