Anaconda カスタマイズガイド

Red Hat Enterprise Linux 7

インストーラーのカスタマイズと機能強化

Vladimír Slávik

Sharon Moroney

Petr Bokoč

Vratislav Podzimek

概要

Anaconda は、Red Hat Enterprise Linux、Fedora、およびこれらの派生製品で使用するインストーラーです。本ガイドでは、これのカスタマイズに必要な情報を提供しています。
このインストーラーの基本的機能の拡張を図る開発者には、Anaconda のアーキテクチャー、アドオン API およびヘルパー関数の情報が提供され、カスタマイズアドオンの作成に便利な例もあります。
本ガイドでは、起動メニューのカラースキームや背景、グラフィカルユーザーインターフェース内のブランド化や色調節などのインストーラーの視覚的側面をカスタマイズするための手順も説明しています。
本書は、プレビュー版として提供されています。本書は作成中のため、内容が大幅に変更する可能性があります。本書に含まれる情報は完全な状態ではないため、ご利用の際には注意が必要です。

1. Anaconda のカスタマイズについて

Red Hat Enterprise Linux および Fedora のインストールプログラムである Anaconda の最新バージョンでは、多くの点が改善されており、カスタマイズ機能の強化がその 1 つに挙げられます。基本的なインストーラー機能を拡張するためのアドオン作成や、グラフィカルユーザーインターフェースの外観を変更するオプションなどがあります。
本ガイドでは、以下のカスタマイズ方法について説明しています。
  • ブートメニュー - 事前設定のオプション、カラースキームおよび背景
  • グラフィカルインターフェースの外観 - ロゴ、背景、製品名
  • インストーラーの機能 - アドオン。これは、グラフィカルおよびテキストのユーザーインターフェースに新たな Kickstart コマンドと画面を追加することでインストーラーの機能を強化します。
本ガイドで説明しているトピックの中には、多くの知識を必要とするものもあります。特に、カスタムの Anaconda アドオンの開発には Python の知識、ブートメニュー変更にはプレーンテキストの設定ファイルの編集、インストーラーの外観のカスタマイズにはコンピューターグラフィックスと CSS (カスケードスタイルシート) の知識がそれぞれ必要になります。
また、本ガイドは Red Hat Enterprise Linux 7 と Fedora 17 およびそれ以降にのみ適用されることに注意してください。

重要

本ガイドでの手順は、Red Hat Enterprise Linux 7 もしくは同様のシステム向けに書かれています。これ以外のシステムでは、(カスタム ISO イメージを作成する genisoimage など) 使用するツールやアプリケーションが異なり、手順を調節する必要がある場合があります。