第1章 概要

製品のライフサイクル

Red Hat Enterprise Linux 7.9 は、RHEL 7 の最新のマイナーリリースです。

Red Hat Enterprise Linux 7 の製品ライフサイクルフェーズは、2020 年 8 月 6 日にメンテナンスサポート 2 に入りました。詳細は、『Red Hat Enterprise Linux Life Cycle』のドキュメントを参照してください。

インプレースアップグレード

インプレースアップグレードは、既存のオペレーティングシステムを置き換えて、システムを、次のメジャーリリースの Red Hat Enterprise Linux にアップグレードする方法を提供するものです。現在サポートされているアップグレードパスの一覧は「Red Hat Enterprise Linux のサポート対象のインプレースアップグレードパス」を参照してください。

RHEL 6 から RHEL 7 へのインプレースアップグレード

RHEL 7.9 のリリースで Preupgrade Assistant および Red Hat Upgrade Tool が更新されました。

  • サポート対象のインプレースアップグレードパスは、RHEL 6.10 から RHEL 7.9 (SAP HANA を除く) までです。
  • UEFI ベースの RHEL インストールのインプレースアップグレードがサポートされるようになりました。
  • ロールバック機能が UEFI にも利用可能です。
  • インプレースアップグレードにカスタムリポジトリーを使用できます。

RHEL 6 から RHEL 7 へのインプレースアップグレードの手順と、Preupgrade Assistant および Red Hat Upgrade Tool の使用方法は、「Red Hat Enterprise Linux 6 から Red Hat Enterprise Linux 7 への移行方法」を参照してください。詳細は、RHEL 7 の 『移行計画ガイド』を参照してください。Preupgrade Assistant および Red Hat Upgrade Tool は、RHEL 6 の Extras リポジトリーで利用できます。

CentOS 6 または Oracle Linux 6 を使用している場合は、RHEL 7 にアップグレードする前に convert2rhel ユーティリティーを使用してオペレーティングシステムを RHEL 6 に変換できます。手順は、『How to convert from CentOS or Oracle Linux to RHEL』を参照してください。

RHEL 7 から RHEL 8 へのインプレースアップグレード

Leapp ユーティリティーを使用して RHEL 7 から RHEL 8 へのインプレースアップグレードを行う方法は、『RHEL 7 から RHEL 8 へのアップグレード』を参照してください。RHEL 7 と RHEL 8 の主な相違点は、『RHEL 8 の導入における検討事項』を参照してください。Leapp ユーティリティーは、RHEL 7 の Extras リポジトリーで利用できます。

CentOS 7 または Oracle Linux 7 を使用している場合は、RHEL 8 にアップグレードする前に convert2rhel ユーティリティーを使用してオペレーティングシステムを RHEL 7 に変換できます。手順は、『How to convert from CentOS or Oracle Linux to RHEL』を参照してください。

関連情報

  • RHEL 7 のパッケージ一覧『パッケージマニフェスト』を参照してください。
  • すべての RHEL サブスクリプションで、既知の技術問題を特定、検証、および解決できる Red Hat Insights サービスが利用できるようになりました。Red Hat Insights クライアントをインストールし、システムをサービスに登録する方法は、「Red Hat Insights を使い始める」 ページを参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。