Menu Close

8.11. クラウド環境の RHEL

Azure のリモートマシンへのネットワークがアクセラレートされた NIC を使用する RHEL 7 仮想マシンのコアダンプに失敗する

現在、kdump ユーティリティーを使用した、Microsoft Azure ハイパーバイザー上の RHEL 7 仮想マシンのコアダンプファイルのリモートマシンへの保存は、仮想マシンがネットワークアクセラレーションを有効化して NIC を使用している場合は適切に動作しません。これにより、kdump 操作が失敗します。

この問題が発生しないようにするには、以下の行を /etc/kdump.conf ファイルに追加し、kdump サービスを再起動します。

extra_modules pci_hyperv

(BZ#1846667)

cloud-init を使用して設定された RHEL 8 仮想マシンで、パスワードログインによる SSH がデフォルトで使用できない

セキュリティー上の理由から、cloud-init ユーティリティーの設定の ssh_pwauth オプションがデフォルトで 0 に設定されるようになりました。したがって、cloud-init を使用して設定された RHEL 8 仮想マシンに SSH 経由で接続する場合は、パスワードログインを使用できません。

cloud-init を使用して設定された RHEL 8 仮想マシンへの SSH 接続にパスワードログインを使用する必要がある場合は、仮想マシンをデプロイする前に /etc/cloud/cloud.cfg ファイルで ssh_pwauth: 1 を設定します。

(BZ#1685580)