Menu Close

3.5. カーネル

RHEL 7.9 のカーネルバージョン

Red Hat Enterprise Linux 7.9 には、カーネルバージョン 3.10.0-1160 が同梱されています。

「外部のカーネルパラメーターに対する重要な変更」および「デバイスドライバー」も参照してください。

(BZ#1801759)

新しいカーネルパラメーター: page_owner

ページ所有者の追跡 は、ページアロケーターレベルでカーネルメモリー消費を確認できる新機能です。この機能を使用することで、ユーザーはカーネルメモリーリークをデバッグしたり、過剰な量のメモリーを消費するカーネルモジュールを検出したりできます。この機能を有効にするには、page_owner=on パラメーターをカーネルコマンドラインに追加します。カーネルコマンドラインパラメーターの設定方法は、「カーネルコマンドラインパラメーターの設定」を参照してください。

警告

カーネルコマンドラインへの page_owner パラメーター設定 (on または off) に関係なく、ページ所有者追跡機能を使用することで、RHEL 7.9 システムで約 2.14% のメモリー要件が追加されます (カーネル、VM、または cgroup に影響)。このトピックの詳細は、「Why Kernel-3.10.0-1160.el7 consumes double amount of memory compared to kernel-3.10.0-1127.el7?」を参照します。ソリューション

カーネルパラメーターの重要な変更の詳細は、「新しいーネルパラメーター」セクションを参照してください。

(BZ#1781726)

Intel ICX システムに EDAC ドライバーサポートが追加されました。

今回の更新で、Intel ICX システムに Error Detection and Correction (EDAC) ドライバーが追加されました。その結果、これらのシステムでメモリーエラーを検出し、EDAC サブシステムに報告できます。

(BZ#1514705)

Intel® Omni-Path Architecture (OPA) ホストソフトウェア

Red Hat Enterprise Linux 7.9 は、Intel® Omni-Path Architecture (OPA) ホストソフトウェアに完全に対応しています。Intel OPA は、クラスター環境のコンピュートと I/O ノード間の高性能データ転送 (高帯域幅、高メッセージレート、低レイテンシー) のために、初期化とセットアップを行う Host Fabric Interface (HFI) ハードウェアを提供します。

Intel Omni-Path Architecture のインストール方法は、https://cdrdv2.intel.com/v1/dl/getContent/630393 を参照してください。

(BZ#1855010)

Mellanox ConnectX-6 Dx ネットワークアダプターが完全にサポートされるようになりました。

今回の機能拡張により、Mellanox ConnectX-6 Dx ネットワークアダプターの PCI ID が mlx5_core ドライバーに追加されました。このアダプターを使用するホストでは、RHEL は mlx5_core ドライバーを自動的に読み込みます。この機能は以前のリリースではテクノロジープレビュー機能として利用できていましたが、RHEL 7.9 で完全にサポートされるようになりました。

(BZ#1829777)