Menu Close

3.3. コンパイラーおよびツール

スレッドごとのメトリックを履歴分析で使用可能に

必要に応じて pcp-zeroconf パッケージと pmieconf ユーティリティーを使用して、Performance Co-Pilot (PCP) でスレッドごとのパフォーマンスメトリック値とプロセスごとのパフォーマンスメトリック値のロギングを有効にすることができます。以前のリリースでは、pcp-zeroconf パッケージを使用して、プロセスごとのメトリック値のみが pmlogger によってログに記録されていましたが、分析状況によっては、スレッドごとの値も必要になる場合があります。そのため、以下のコマンドを実行すると、スレッドごとのメトリックを履歴分析で使用できるようになりました。

# pmieconf -c enable zeroconf.all_threads

(BZ#1775373)