8.8. サーバーおよびサービス

mariadb-test または postgresql-docs がワークステーションがインストールされている場合に RHEL 7.8 へのアップグレードに失敗する

mariadb-test および postgresql-docs パッケージが Workstation Optional リポジトリーに移動されました。そのため、これらのパッケージがインストールされている場合に、ワークステーションのバリアントを RHEL 7.8 にシステムを更新できません。この問題を回避するには、RHEL 7.8 にアップグレードする前に mariadb-test および postgresql-docs をアンインストールしてください。

(BZ#1749776)

FreeRADIUS が 249 文字を超える Tunnel-Passwords を断りなく切り捨てます。

Tunnel-Password が 249 文字を超える場合、FreeRADIUS サービスはそのパスワードを断りなく切り捨てます。これにより、他のシステムと矛盾する想定外のパスワードになる可能性があります。

この問題を回避するには、249 文字以下のパスワードを選択します。

(BZ#1463673)