4.5. デスクトップ

GNOME クラシックでのワークスペーススイッチの変更を行いました。

GNOME クラシック環境のワークスペーススイッチが変更されました。このスイッチは、一番下のバーの右部分に移動され、横線のサムネイルとして設計されています。

必要なサムネイルをクリックすることで、ワークスペース間の切り替えが可能です。または kbd:[Ctrl + Alt + ↑] および kbd:[Ctrl + Alt + ↓] のキーボードのショートカットを使用して、ワークスペース間を切り替えることも可能です。アクティブなワークスペースの内容は、ウィンドウリストの形式で、下部のバーの左側に表示されます。

特定のワークスペース内で kbd:[Super] キーを押すと、このワークスペースで開いているすべてのウィンドウを含む、ウィンドウピッカー が表示されます。ただし、ウィンドウピッカーには、以前の RHEL リリースで使用できた以下の要素が表示されなくなりました。

  • dock (画面の左端にある垂直バー)
  • ワークスペーススイッチ (画面の右側の垂直バー)
  • 検索エントリー

これらの要素で以前に達成されていた特定のタスクには、以下の方法が採用されます。

  • アプリケーションを起動するには、dock を使うのではなく、以下を行います。

    • トップバーで アプリケーション メニューを使用する
    • kdb:[Alt + F2] キーを押すと、Enter a Command 画面が表示されます。この画面で実行可能ファイルの名前を書き込みます。
  • 垂直の ワークスペーススイッチ を使用せずにワークスペース間の切り換えるには、右下部のバーの水平の ワークスペーススイッチ を使用します。
  • 検索エントリー または垂直の ワークスペーススイッチ が必要な場合は、GNOME クラシックではなく GNOME Standard 環境を使用します。

(BZ#1720286)

GNOME が root グラフィカルログインに対して警告するようになりました

今回の更新により、root ユーザーとしてグラフィカルセッションにログインすると、GNOME は警告通知を表示するようになりました。

root としてグラフィカルセッションにログインすると、重大で予期しない問題が発生します。また、安全ではなく、Unix の原則に反します。

(BZ#1539772)