6.4. インストールおよび起動

インストールプログラムがキックスタートネットワークチームデバイスの接続タイプを正しく設定

以前は、インストールプログラムは DEVICETYPE="Team" パラメーターの代わりに TYPE="Team" パラメーターを使用して、キックスタートのネットワークチームデバイス用に作成された ifcfg ファイルの接続タイプを指定していました。これにより、network サービスを使用するネットワークチームデバイスは、システム起動プロセス中に有効にはなりませんでした。この更新により、インストールプログラムは DEVICETYPE パラメーターを使用して ifcfg ファイルで接続の種類を指定するようになりました。これにより、システムがネットワーク設定に network サービスを使用している場合でも、キックスタートのネットワークチームデバイスが有効になります。たとえば、NetworkManager サービスが無効になります。

(BZ#1680606)

GTK がインストールされていない場合にインストールプログラムが例外を正しく処理

以前は、GTK GUI ツールキットがその環境にインストールされていないと、インストールプログラムが例外を処理できませんでした。そのため、例外がユーザーに通知されませんでした。今回の更新で、GTK GUI ツールキットがインストールされていない場合は、インストールプログラムが例外を適切に処理し、例外がユーザーに通知されるようになりました。

(BZ#1712987)