6.2. コンパイラーおよびツール

Socket::inet_aton() が複数のスレッドから安全に使用可能

以前は、複数の Perl スレッドからドメイン名を解決するのに使用していた Socket::inet_aton() 関数が、安全でない gethostbyname() glibc 関数を呼び出していました。このため、時折間違った IPv4 アドレスが返されたり、または Perl インタープリターが予期せずに終了したりしていました。今回の更新で、gethostbyname() ではなく、スレッドセーフ getaddrinfo() glibc 関数を使用するように Socket::inet_aton() 実装が変更されました。これにより、Perl Socket モジュールの inet_aton() 関数が、複数のスレッドから安全に使用できるようになりました。

(BZ#1693293)

sosreport が HTML レポートを高速に生成

以前は、sosreport ユーティリティーが何万ものファイルを収集すると、HTML レポートの生成が非常に遅くなります。今回の更新で、テキストレポートコードの変更が提供され、レポート構造と形式が改善されました。また、JSON ファイル形式のレポートのサポートが追加されています。これにより、HTML レポートが遅延なく生成されるようになりました。

(BZ#1704957)