第1章 概要

  • カーネル用のライブパッチ (kpatch) が入手可能になりました。これにより、システムを再起動することなく、重大かつ重要な CVE の修正を利用できるようになります。詳細は、「カーネル」 を参照してください。
  • すべてのアーキテクチャーで、ファイルシステムの整合性を検証する IMA/EVM 機能に対応するようになりました。詳細は「カーネル」を参照してください。
  • Image Builder に完全に対応するようになりました。クラウドイメージは、Amazon Web Services、VMware vSphere、および OpenStack で構築できます。詳細は「インストールおよび起動」を参照してください。
  • RHEL 7 では Python 3.6 が利用できるようになりました。詳細は「コンパイラーとツール」を参照してください。
  • SELinux タイプの tangd_port_t は、NBDE (Network-Bound Disc Encryption) サーバーのデプロイ時に、Tang のデフォルトポートの変更を許可します。セキュリティーの機能強化は「セキュリティー」を参照してください。

関連資料

  • RHEL 7 の パッケージの一覧『パッケージマニフェスト』を参照してください。
  • 既知の技術的な問題を特定、調査、および解決をプロアクティブに行う Red Hat Insights サービスは、すべての RHEL サブスクリプションで利用できるようになりました。Red Hat Insights クライアントをインストールし、システムをサービスに登録する方法は、「Red Hat Insights を使い始める」 ページを参照してください。

インプレースアップグレード

インプレースアップグレードは、既存のオペレーティングシステムを置き換えて、システムを、次のメジャーリリースの Red Hat Enterprise Linux にアップグレードする方法を提供するものです。

製品のライフサイクル

Red Hat Enterprise Linux 7 は現在、製品ライフサイクルのメンテナンスサポート 1 フェーズです。今後のマイナーリリースでは、新機能を追加するのではなく、安定性と信頼性の維持と改善に重点を置いています。詳細は、「Red Hat Enterprise Linux のライフサイクル」のドキュメントを参照してください。

Red Hat Customer Portal Labs

Red Hat Customer Portal Labsはカスタマーポータルにあるツールセットです。Red Hat Customer Portal Labs のアプリケーションは、パフォーマンスの改善、迅速なトラブルシュート、セキュリティー問題の特定、複雑なアプリケーションの迅速なデプロイと設定に役立ちます。一般的なアプリケーションは以下の通りです。