第8章 既知の問題

本章では、Red Hat Enterprise Linux 7.7 の既知の問題を説明します。

8.1. 認証および相互運用性

ID 範囲の変更を適用する際の一貫性のない警告メッセージ

RHEL Identity Management(IdM)では、ローカルの IdM ドメインまたは信頼できる Active Directory ドメインに関連する複数の ID 範囲(ID 範囲)を定義できます。ID 範囲に関する情報は、登録した全システムの SSSD デーモンにより取得されます。

ID 範囲プロパティーを変更するには、SSSD を再起動する必要があります。以前のバージョンでは、SSSD を再起動する必要性についての警告がありませんでした。RHEL 7.7 は、SSSD の再起動を必要とする方法で ID 範囲プロパティーが変更されると表示される警告を追加します。

現在、警告メッセージは一貫性のない単語を使用します。警告メッセージの目的は、ID 範囲を使用する IdM システムで SSSD の再起動を要求することです。ID 範囲の詳細は、https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_enterprise_linux/7/html/linux_domain_identity_authentication_and_policy_guide/managing-unique_uid_and_gid_attributesを参照してください。

(BZ#1631826)