8.9. ストレージ

ソフトウェア FCoE で scsi-mq を使用すると、システムが予期せず停止する

ホストシステムは、マルチキュースケジューリング(scsi-mq)と、FCoE(Software Fibre Channel over Ethernet)の両方を同時に使用するように設定されていると、予期せず停止します。

この問題を回避するには、ソフトウェア FCoE を使用する際に scsi-mq を無効にします。その結果、システムがクラッシュしなくなりました。

(BZ#1712664)

大規模なシステムでは、システム起動が失敗することがある

起動プロセス時に、udev デバイスマネージャーにより、大規模なシステム上に非常に多くのルールが生成されることがあります。たとえば、32 TB のメモリーと 192 CPU のシステムでこの問題が発生しています。これにより、システムの起動プロセスが応答しなくなるか、タイムアウトになり、緊急シェルに切り替わります。

この問題を回避するには、udev.children-max=1000 オプションを カーネルコマンドラインに追加します。udev.renrenren-max で別の値を試して、システムで最も速い起動になる値を確認してください。これにより、システムが正常に起動するようになります。

(BZ#1722855)

アクティブ/アクティブクラスターミラーからイメージを分離したときに作成される論理ボリュームにはアクティブなコンポーネントがありません。

アクティブ/アクティブクラスターミラーからイメージを分割すると、作成される論理はアクティブとして表示されますが、アクティブなコンポーネントはありません。新しく分割された論理ボリュームをアクティブにするには、ボリュームを非アクティブにして、以下のコマンドでアクティブにします。

lvchange -an _vg_/_newly_split_lv_
lvchange -ay _vg_/_newly_split_lv_

(BZ#1642162)