4.4. デスクトップ

cups-filters が更新されました。

バージョン 1.0.35 で提供される cups-filters パッケージが更新され、以下の機能強化が提供されています。

  • cups-browsed デーモン(バージョン 1.5 以降から CUPS から削除された機能を提供する)は、CUPS の一時キューのサポートを除くバージョン 1.13.4 にリベースされました。
  • 高可用性および負荷分散をサポートするために、新しいバックエンドの implicitclass が導入されました。

(BZ#1485502)

mas -deployable homogenized 表示設定が可能に

Mutter ウィンドウマネージャーは、システム上のすべてのユーザーに対して事前設定された表示設定をデプロイできるようになりました。その結果、Mutter は各ユーザーの設定が独自の設定ディレクトリーにコピーされることが不要になりましたが、代わりにシステム全体の設定ファイルを使用することもできます。この機能により 、モジュラー は、異なるディスプレイ構成の大型デプロイメントに適しています。

単一ユーザーの設定を設定するには、~/.config/monitors.xml ファイルを作成し、これを追加します。特にログイン画面では、~/gdm/.config/monitors.xml ファイルを使用します。システム全体の設定の場合は、/etc/xdg/monitors.xml ファイルを使用します。

(BZ#1583825)