4.3. コンパイラーおよびツール

新しいパッケージ: python3

新しい python3 パッケージは、RHEL 7 で利用できます。このパッケージは、Python 3.6 インタープリターと、pip ユーティリティーおよび setuptools ユーティリティーを提供します。以前は、Python 3 バージョンは、Red Hat Software Collections の一部としてのみ利用できていました。

Python 3 のインストール、呼び出し、またはその他の場合は、常に Python のメジャーバージョンを指定します。たとえば、Python 3 をインストールするには、yum install python3 コマンドを使用します。Python 関連のすべてのコマンドにもバージョンを含む必要があります( pip3 など)。

Python 3 は、RHEL 8 におけるデフォルトの Python 実装であるため、Python 2 コードを Python 3 に移行することが推奨されます。大規模なコードベースを Python 3 に移行する方法は「The Conservative Python 3 Porting Guide」を参照してください。

(BZ#1597718)

新しいパッケージ: compat-sap-c++-8

compat-sap-c++-8 パッケージには、compat-sap-c++-8.so という名前の libstdc++ ライブラリーが含まれます。これは、SAP アプリケーションに必要なランタイム互換性ライブラリーです。compat-sap-c++-8 パッケージは GCC 8 をベースにしています。

(BZ#1669683)

elfutils パッケージがバージョン 0.176 にリベースされました。

elfutils パッケージが、アップストリームバージョン 0.176 にアップグレードされました。以下は、主な変更点です。

  • 複数の CVE に関連する各種のバグが修正されました。
  • libdw ライブラリーは、dwelf_elf_begin() 関数で拡張されています。これは、圧縮ファイルを扱う elf_begin() のバリアントです。
  • eu-readelf ツールは、--notes または -n オプションで GNU Property notes と GNU Build Attribute ELF Notes を認識して出力するようになりました。
  • 新しい --reloc-debug-sections-only オプションが eu- strip ツールに追加され、その他のストライプなしでデバッグセクション間の簡単な再配置をすべて解決します。この機能は、特定の状況における ET_REL ファイルにのみ関連します。
  • libdw ライブラリーに新しい関数 dwarf_next_lines が追加されました。この関数は、CU なしで .debug_line データを読み取ります。
  • libdw ライブラリーの dwarf_begin_elf 関数は、.debug_line セクションまたは .debug_frame セクションのみが含まれる ELF ファイルを受け入れるようになりました。

(BZ#1676504)

gcc-libraries がバージョン 8.3.1 にリベースされました。

gcc-libraries パッケージがアップストリームバージョン 8.3.1 に更新されました。バグ修正が数多く追加されました。

(BZ#1551629)

Geolite2 Databases が利用できるようになりました。

今回の更新で、GeoIP パッケージが提供するレガシーの Geolite Databases に加えて Geolite2 Databases が導入されました。

Geolite2 Databases は、複数のパッケージで提供されます。libmaxminddb パッケージには、ライブラリーと、アドレスの手動検索を可能にする mmdblookup コマンドラインツールが同梱されています。従来の GeoIP パッケージの geoipupdate バイナリーは geoipupdate パッケージで提供されているため、従来のデータベースと新しい Geolite2 データベースの両方をダウンロードできるようになりました。

GeoIP パッケージはレガシーデータベースとともに、アップストリームではサポートされなくなり、RHEL 8 では配布されません。

(BZ#1643472, BZ#1643470, BZ#1643464)

日本語の令和に対する日付形式が更新されました。

GNU C ライブラリーは、2019 年 5 月 1 日をもって、令和に正しい日本語の年号フォーマットを利用できるようになりました。strftime 関数および strptime 関数によって使用されるデータなど、API データを処理する時間が更新されました。strftime%EC%EY、または %Ey など、いずれかの年号の変換指定子とともに使用されると、すべての API は令和時代を正しく出力します。

(BZ#1555189)

SystemTap がバージョン 4.0 にリベースされました。

SystemTap インストルメンテーションツールがアップストリームバージョン 4.0 にアップグレードされました。以下は、主な改善点です。

  • extended Berkeley Packet Filter(eBPF)バックエンド(特に文字列および関数)が改善されました。このバックエンドを使用するには、SystemTap を起動する際に --runtime=bpf オプションを追加します。
  • Prometheus モニタリングシステムで使用するエクスポートネットワークサービスが新たに追加されました。
  • システムコールプロービングの実装は、必要に応じてカーネルトレースポイントを使用するように改善されました。

(BZ#1669605)

Valgrind がバージョン 3.14 にリベースされました。

Valgrind パッケージがアップストリームバージョン 3.14 にアップグレードされ、以前のバージョンに対するバグ修正および機能拡張が数多く追加されました。

  • Valgrind は、IBM Z アーキテクチャーの z13 プロセッサーの整数および文字列ベクトルの命令を処理できるようになりました。
  • アンロードしたコードのデバッグ情報を維持するために、--keep-debuginfo=no|yes オプションが追加されました。これにより、保存したスタックトレースにファイルおよび行情報をさらに含めることができます。詳細および既知の制限については、Valgrind ユーザーのマニュアルを参照してください。
  • Helgrind ツールは、新しい --delta-stracktrace=yes|no オプションでデルタとして完全な履歴スタックトレースを計算するように設定できます。その結果、--delta-stracktrace=yes が追加されると、--history-level=full オプションを指定して完全な Helgrind 履歴を最大 25% に短縮できます。
  • AMD64 および 64 ビット ARM アーキテクチャーで、Memcheck ツールの誤検出率が減少しています。特に、--expensive-definedness-checks=no|auto|yes オプションを使用すると、精度を失うことなく、高価な定義チェックの分析を制御できます。

(BZ#1519410)

Performance Co-Pilot がバージョン 4.3.2 にリベースされました。

Performance Co-Pilot(PCP)がアップストリームバージョン 4.3.2 に更新されました。以下は、主な改善点です。

  • pcp-dstat ツールに、履歴分析とコンマ区切り値 (CSV) 形式の出力が追加されました。
  • ログユーティリティーで、メトリックラベルとヘルプテキストレコードを使用できます。
  • pmdaperfevent ツールが、低レベルの同時マルチスレッド (SMT) で正しい CPU 番号を報告するようになりました。
  • pmdapostgresql ツールが Postgres シリーズ 10.x に対応するようになりました。
  • pmdaredis ツールが Redis シリーズ 5.x に対応するようになりました。
  • 動的プロセスフィルタリングと、各プロセスのシステムコール、ucall、および ustat により、pmdabcc ツールが強化されました。
  • pmdammv ツールが、メトリックラベルをエクスポートするようになり、フォーマットのバージョンが 3 に増えました。
  • pmdagfs2 ツールで、glock および glock ホルダーの計測に対応するようになりました。
  • SELinux ポリシーにいくつかの変更が加えられました。
  • pmcd ユーティリティーが、設定の変更なしで PMDA の一時停止および再開(フェンシング)に対応するようになりました。
  • pressure-stall 情報メトリクスが報告されるようになりました。
  • 追加の VDO メトリックが報告されます。
  • pcp-atop ツールが、メモリー不足の情報、infiniband、perf_event、および NVIDIA GPU の統計を報告するようになりました。
  • pmlogger ツールおよび pmie ツールは、cron ジョブの代わりに systemd タイマーを使用できるようになりました。

(BZ#1647308, BZ#1641161)

ptp4l が active-backup モードでのチームインターフェースに対応しました。

今回の更新により、active-backup モードのチームインターフェースのサポートが PTP Boundary/Ordinary Clock (ptp4l)に追加されました。

(BZ#1650672)

linuxptp がバージョン 2.0 にリベースされました。

linuxptp パッケージがアップストリームバージョン 2.0 にアップグレードされ、以前のバージョンに対するバグ修正および機能拡張が数多く追加されました。

最も重要な機能は以下のとおりです。

  • ユニキャストメッセージングのサポートが追加されました。
  • 年間 G.8275.1 プロファイルおよび G.8275.2 プロファイルへの対応が追加されました。
  • NetSync Monitor(NSM)プロトコルへの対応が追加されました。
  • 透過クロック(TC)の実装が追加されました。

(BZ#1623919)

Perl モジュール DateTime::TimeZone が、最新のタイムゾーン更新を認識するようになりました。

Olson タイムゾーンデータベースが、バージョン 2018i に更新されました。以前は、データベースの古いため、バージョン 2017b 以降の仕様を変更するタイムゾーンの DateTime::TimeZone モジュールを使用する Perl 言語で書かれていました。

(BZ#1537984)

trace-cmd パッケージがバージョン 2.7 に更新されました。

更新パッケージは、最新のバグ修正とアップストリーム機能を提供します。これにより、Red Hat Enterprise Linux ユーザーは最新の trace-cmd コマンドを使用できるようになりました。

(BZ#1655111)

vim がバージョン 7.4.629 にリベースされました。

vim パッケージが、RHEL 6 のアップストリームバージョン 7.4.629 にアップグレードされました。このバージョンでは、以前のバージョンに対するバグ修正や機能強化が数多く追加されました。

主な機能強化には、不備のある 機能が 含まれます。この機能の詳細は、:help breakindent inで :help breakindent を参照してください。

(BZ#1563419)