6.5. インストールおよび起動

NVDIMM コマンドが、インストール後にキックスタートスクリプトファイル anaconda-ks.cfg に追加されます。

インストーラーは、システムインストールに使用される設定と同等のキックスタートスクリプトを作成します。このスクリプトは /root/anaconda-ks.cfg ファイルに保存されます。以前は、グラフィカルユーザーインターフェースを使用して RHEL をインストールすると、NVDIMM(Non-Volatile Dual In-line Memory)デバイスの設定に使用する nvdimm コマンドがこのファイルに追加されませんでした。このバグは修正され、キックスタートファイルには nvdimm コマンドが期待通りに追加されるようになりました。

(BZ#1620109)

グラフィカルインストールプログラムでは無効なパスフレーズが許可されなくなりました。

以前は、グラフィカルインストールプログラムを使用して RHEL 7 をインストールする場合は、パーティション ディスク暗号化パスフレーズダイアログボックスの passphrase フィールドを空のままにし、Save Passphrase ボタンをクリックしてパーティション設定 タスクを完了することができました。そのため、パーティション設定が正しく設定され、ディスク暗号化プロセスをキャンセルしたり、有効なパスフレーズを入力する必要がありました。今回の更新で、有効かつ空でないパスフレーズを入力した場合のみ、Save Passphrase ボタンが利用できるようになりました。

(BZ#1489713)

カーネル起動パラメーター version または inst.version を指定しても、インストールプログラムが停止しなくなります。

以前では、version または inst.version のブートパラメーターを指定してカーネルコマンドラインからインストールプログラムを起動すると、バージョン (例: anaconda 30.25.6) が表示され、インストールプログラムが停止していました。

今回の更新で、カーネルコマンドラインからインストールプログラムを起動した場合に、version パラメーターおよび inst.version パラメーターが無視されるため、インストールプログラムは停止しません。

(BZ#1637112)

RHEL 7.7 グラフィカルインストールで、対応している NVDIMM デバイスセクターサイズが表示されるようになりました。

以前は、グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)を使用して NVDIMM デバイスを設定する場合は、サポートされていないセクターサイズを入力できました。警告メッセージは表示されませんでした。そのため、再設定エラーが発生していました。今回の更新で、セクターサイズダイアログボックスに、サポートされている 512 および 4096 のセクターサイズのみを表示するドロップダウンリストが含まれるようになりました。

(BZ#1614049)

cockpit-composer から開始されたジョブの取り消しに失敗しなくなりました。

イメージビルドプロセスは、イメージビルドのキャンセルをサポートしませんでした。これにより、composer-cli compose cancel を使用して cockpit-composer GUI から開始されたジョブを取り消すと、Compose API サーバーがハングし、新たにキューに入れられたジョブビルドが起動しず、待機状態のままになりました。この問題を修正するために、イメージビルドプロセスを取り消す機能が実装されました。これにより、cockpit-composer から開始されたジョブをキャンセルしても失敗しなくなりました。

(BZ#1659129)

rpm コマンドが、--setcaps オプションおよび --restore オプションに対応するようになりました。

今回の更新で、rpm コマンドに --setcaps オプションおよび --restore オプションが追加されました。

--setcaps オプションは、必要なパッケージにファイルのケイパビリティーを設定します。構文は以下のとおりです。

rpm --setcaps _PACKAGE_NAME_

--restore オプションは、必要なパッケージ内のファイルの所有者、グループ、パーミッション、および機能を復元します。構文は以下のとおりです。

rpm --restore _PACKAGE_NAME_

(BZ#1550745)

GRUB 2 regexp コマンドが欠落しなくなりました。

以前は、Grand Unified Bootloader バージョン 2(GRUB2)に regexp コマンドを提供するモジュールは、GRUB2 EFI バイナリーに欠落していました。これにより、セキュアブートが有効になっている UEFI システムで、regexp を使用すると、error: can't find command 'regexp' メッセージを出して失敗しました。今回の更新で、regexp を提供するモジュールが GRUB2 EFI バイナリーに含まれ、上記の状況で正しく機能するようになりました。

(BZ#1630678)