6.3. デスクトップ

Xinerama が有効な場合は、システムが空の画面で起動しなくなりました。

nvidia ドライバーまたは nouveau ドライバーを使用するシステムの /etc/X11/xorg.conf で Xinerama 拡張を有効にすると、RANDR X 拡張が無効になりました。そのため、RANDR X 拡張が無効になったため、システムの起動時にログイン画面が起動できませんでした。このバグは修正され、Xinerama が有効であってもログイン画面が正しく起動されるようになりました。

(BZ#1579257)

i915を使用するカーネルでのブート時にソフトロックアップが修正

GM45 システムにファームウェアの設定が不適切に行われている場合にまれに、DisplayPort ホットプラグシグナルが誤っていると、システムの起動時に i915 ドライバーがオーバーロードする可能性があります。そのため、一部の GM45 システムによって起動時間が非常に遅くなり、ビデオドライバーが問題の回避策を試みていました。カーネルは、ソフトロックアップも報告する場合があります。このバグは修正され、上記のシナリオでロックアップが発生しなくなりました。

(BZ#1608704)

X.org サーバーが高速のユーザー切り替え時にクラッシュしなくなりました。

以前は、X.Org X11 qxl ビデオドライバーは、シャットダウン時に残りの仮想端末イベントをエミュレートしませんでした。そのため、ユーザーの切り替えが高速になると X.Org ディスプレイサーバーが予期せず終了し、ユーザーの切り替え時に現在のユーザーセッションが終了しました。今回の更新で qxl が修正され、ユーザーの高速スイッチ時に X.org サーバーがクラッシュしなくなりました。

(BZ#1640918)