第36章 仮想化

KVM ゲスト用の USB 3.0 サポート

Red Hat Enterprise Linux 7 では、KVM ゲスト向けの USB 3.0 ホストアダプター (xHCI) エミュレーションは引き続きテクノロジープレビューとなります。(BZ#1103193)

特定の Intel ネットワークアダプターが Hyper-V 上のゲストとして SR-IOV をサポート可能に

今回の更新で、Hyper-V 上で動作している Red Hat Enterprise Linux ゲスト仮想マシンでは、新たな PCI パススルードライバーにより、ixgbevf ドライバーのサポートする Intel ネットワークアダプターが Single-Root I/O Virtualization (SR-IOV) 機能を使用できるようになりました。この機能は、以下の条件が満たされた場合に有効になります。
  • ネットワークインターフェースコントローラー (NIC) の SR-IOV サポートが有効化されている
  • 仮想 NIC の SR-IOV サポートが有効化されている
  • 仮想スイッチの SR-IOV サポートが有効化されている
NIC からの 仮想機能 (VF) が、仮想マシンに接続されます。
現在この機能は Microsoft Windows Server 2016 でサポートされています。(BZ#1348508)

VFIO ドライバーの No-IOMMU モード

今回の更新で、仮想機能 I/O (VFIO) ドライバーの No-IOMMU モードがテクノロジープレビューとして追加されました。No-IOMMU モードでは、I/O メモリー管理ユニット (IOMMU) なしに直接メモリーアクセス (DMA) 対応デバイスへの完全なユーザー空間 I/O (UIO) アクセスが得られます。しかし、このモードはサポートされないだけでなく、IOMMU による I/O 管理機能がないため安全に使用することができません。(BZ#1299662)

virt-v2v で vmx 設定ファイルを使用した VMware ゲストの変換

テクノロジープレビューとして、virt-v2v ユーティリティーに vmx 入力モードが追加され、ユーザーは VMware vmx 設定ファイルからゲスト仮想マシンを変換できるようになりました。これを行うには、たとえば NFS を使用してストレージをマウントして、対応する VMware ストレージにアクセスする必要もあります。SSH に -it ssh パラメーターを追加して、ストレージにアクセスすることも可能です。(BZ#1441197、BZ#1523767)

virt-v2v による Debian および Ubuntu ゲストの変換が可能

テクノロジープレビューとして、virt-v2v ユーティリティーは Debian および Ubuntu ゲスト仮想マシンを変換できるようになりました。現時点では、この変換を行う時に以下の問題が発生することに注意してください。
  • virt-v2v は GRUB2 設定内のデフォルトのカーネルは変更できず、ゲスト上でより適切なカーネルのバージョンが利用可能であった場合でも、ゲスト内で設定されたカーネルは変換中に変更できません。
  • Debian または Ubuntu VMware ゲストを KVM に変換した後は、ゲストのネットワークインターフェース名が変更されるので、手動での設定が必要になる場合があります。(BZ#1387213)

Virtio デバイスが vIOMMU を使用可能に

今回の更新で、テクノロジープレビューとして virtio デバイスが virtual Input/Output Memory Management Unit (vIOMMU) を使用できるようになりました。これにより、デバイスの Direct Memory Access (DMA) 先を許可されたアドレスに制限することで、DMA のセキュリティーが確保されます。ただし、Red Hat Enterprise Linux 7.4 以降を使用するゲスト仮想マシンのみがこの機能を使用することができます。(BZ#1283251、BZ#1464891)

virt-v2v が VMWare ゲストをより迅速かつ確実に変換

テクノロジープレビューとして、virt-v2v ユーティリティーは VMWare Virtual Disk Development Kit (VDDK) を使用して、VMWare ゲスト仮想マシンを KVM ゲストにインポートできるようになりました。これにより、virt-v2v は直接 VMWare ESXi ハイパーバイザーに接続されるので、変換の速度と信頼性が向上します。
この変換インポートの方法には、外部の nbdkit ユーティリティーとその VDDK プラグインが必要です。(BZ#1477912)

Open Virtual Machine Firmware

Red Hat Enterprise Linux 7 では、Open Virtual Machine Firmware (OVMF) がテクノロジープレビューとして利用可能です。OVMF は、AMD64 および Intel 64 ゲストに対する、UEFI のセキュアな起動環境です。(BZ#653382)

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。