第35章 ストレージ

SCSI 向けのマルチキュー I/O スケジューリング

Red Hat Enterprise Linux 7 には、blk-mq として知られるブロックデバイス用の新たなマルチキュー I/O スケジューリングメカニズムが含まれています。scsi-mq パッケージを使用すると、SCSI (Small Computer System Interface) サブシステムで、この新しいキューメカニズムを利用することができます。この機能はテクノロジープレビューのため、デフォルトでは有効になっていません。有効にする場合は、カーネルコマンドラインに scsi_mod.use_blk_mq=Y を追加します。
blk-mq は、パフォーマンスを改善するために導入されていますが (特に低レイテンシーデバイス向け)、常にパフォーマンスが改善することは保証されていません。特に、CPU が多いシステムで scsi-mq を有効にすると、パフォーマンスが著しく低下する場合があります。(BZ#1109348)

libStorageMgmt API の Targetd プラグイン

Red Hat Enterprise Linux 7.1 以降、ストレージアレイから独立した API である libStorageMgmt を使用したストレージアレイの管理が完全にサポートされています。提供される API は安定性と整合性を備え、開発者は異なるストレージアレイをプログラム的に管理し、ハードウェアアクセラレーション機能を使用できます。また、システム管理者は libStorageMgmt を使用してストレージを手動で設定したり、提供されているコマンドラインインターフェースを使用してストレージ管理タスクを自動化したりできます。
Targetd プラグインは完全にはサポートされず、引き続きテクノロジープレビューとして提供されます。(BZ#1119909)

DIF/DIX (Data Integrity Field/Data Integrity Extension) のサポート

DIF/DIX が新たに SCSI 標準規格に追加されました。Red Hat Enterprise Linux 7.5 では「新機能」の章に記載されている HBA およびストレージアレイでは完全にサポートされますが、その他の HBA およびストレージアレイに対しては引き続きテクノロジープレビューとなります。
DIF/DIX において、一般的に使用される 512 バイトのディスクブロックのサイズが 520 バイトに拡大され、DIF (Data Integrity Field) が追加されました。DIF は、書き込みの発生時に HBA (Host Bus Adapter) によって算出されるデータブロックのチェックサム値を保存します。その後、受信時にストレージデバイスがチェックサムを確認し、データとチェックサムの両方を保存します。読み取りの場合は、チェックサムがストレージデバイスおよび受信する HBA によって検証されます。(BZ#1072107)

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。