第31章 リアルタイムカーネル

SCHED_DEADLINE スケジューラークラスがテクノロジープレビューとして利用可能

Red Hat Enterprise Linux 7.4 で導入されたリアルタイムカーネル向けの SCHED_DEADLINE スケジューラークラスが、引き続きテクノロジープレビューとして利用可能です。このスケジューラーを使用すると、アプリケーションの締め切りに基づいた予測可能なタスクのスケジューリングが可能になります。SCHED_DEADLINE によりアプリケーションタイマー操作が減るので、定期的なワークロードでメリットが得られます。(BZ#1297061)

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。