前書き

機能拡張、セキュリティー、バグ修正によるエラータなどを集約したものが Red Hat Enterprise Linux (RHEL) のマイナーリリースになります。『Red Hat Enterprise Linux 7.5 リリースノート』では、今回のマイナーリリースで Red Hat Enterprise Linux 7 オペレーティングシステムと付随するアプリケーションに追加された主要な変更について説明しています。また、既知の問題および現在利用可能なすべてのテクノロジープレビューの詳細な一覧も記載されています。
他のバージョンと比較した Red Hat Enterprise Linux 7 の機能および制限については、Red Hat ナレッジベースの記事「Red Hat Enterprise Linux technology capabilities and limits」を参照してください。
本リリースで配布されるパッケージは、『Red Hat Enterprise Linux 7 パッケージマニフェスト』で確認できます。Red Hat Enterprise Linux 6 からの移行については、『移行計画ガイド』を参照してください。
Red Hat Enterprise Linux のライフサイクルについては「Red Hat Enterprise Linux のライフサイクル」をご覧ください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。