Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.4. 既知の問題

SELinux MLS ポリシーはカーネルバージョン 4.14 ではサポートされていません

SELinux マルチレベルセキュリティー (MLS) ポリシーは不明なクラスと権限を拒否し、kernel-alt パッケージのカーネルバージョン 4.14 はどのポリシーにも定義されていないマップ権限を認識します。その結果、MLS ポリシーがアクティブで SELinux が強制モードになっているシステム上のすべてのコマンドは、Segmentation fault エラーで終了します。多くの SELinux 拒否警告は、MLS ポリシーがアクティブで SELinux が permissive モードのシステムで発生します。SELinux MLS ポリシーとカーネルバージョン 4.14 の組み合わせはサポートされていません。

kdump は、mpt3sas がブラックリストに登録されている場合にのみ vmcore を保存します

kdump カーネルが mpt3sas ドライバーをロードすると、特定の POWER9 システムでは kdump カーネルがクラッシュし、vmcore の保存に失敗します。この問題を回避するには、module_blacklist=mpt3sas 文字列を /etc/sysconfig/kdump ファイル内の KDUMP_COMMANDLINE_APPEND 変数へ追加することにより、kdump カーネル環境から mpt3sas ブラックリストに登録します。
KDUMP_COMMANDLINE_APPEND="irqpoll maxcpus=1 ... module_blacklist=mpt3sas"
次に、root ユーザーとして systemctl restart コマンドを実行して、kdump サービスを再起動し、設定ファイルへの変更を取得します。
~]# systemctl restart kdump.service
その結果、kdump は POWER9 システム上で vmcore を保存できるようになりました。(BZ#1496273)

OOM キラーの誤った機能により、OOM 状況からの回復が失敗する

メモリー不足 (OOM) 状況からの回復は、大量のメモリーを搭載したシステムでは正しく機能しません。カーネルの OOM キラーは、最も多くのメモリーを使用しているプロセスを強制終了し、メモリーを解放して再び使用できるようにします。ただし、OOM キラーが 2 番目のプロセスを強制終了するまでに十分な時間待機しない場合があります。最終的に、OOM キラーはシステム上のすべてのプロセスを強制終了し、次のエラーをログに記録します。
Kernel panic - not syncing: Out of memory and no killable processes...
この問題が発生した場合は、オペレーティングシステムを再起動する必要があります。利用可能な回避策はありません。(BZ#1405748)

HTM は IBM POWER システム上で実行されているゲストに対して無効になっています

現在、ハードウェアトランザクションメモリー (HTM) 機能はゲスト仮想マシンを IBM POWER8 から IBM POWER9 ホストに移行できないため、デフォルトで無効になっています。その結果、IBM POWER8 および IBM POWER9 ホストで実行されているゲスト仮想マシンは、この機能が手動で有効にされない限り、HTM を使用できません。
これを行うには、これらのゲストのデフォルトの pseries-rhel7.5 マシンタイプを pseries-rhel7.4 に変更します。この方法で設定されたゲストは、IBM POWER8 ホストから IBM POWER9 ホストに移行できないことに注意してください。(BZ#1525599)

Huge Page を含むゲストを IBM POWER8 から IBM POWER9 に移行すると失敗する

IBM POWER8 ホストは 16MB および 16GB のヒュージページのみを使用できますが、これらのヒュージページサイズは IBM POWER9 ではサポートされていません。そのため、ゲストに静的なヒュージページが設定されている場合、ゲストを IBM POWER8 ホストから IBM POWER9 ホストに移行できません。
この問題を回避するには、移行前にゲスト上で huge Page を無効にし、再起動します。(BZ#1538959)

modprobe は、不正なパラメーターを使用してカーネルモジュールをロードすることに成功します。

modprobe コマンドを使用して間違ったパラメーターを持つカーネルモジュールをロードしようとすると、間違ったパラメーターは無視され、モジュールは Red Hat Enterprise Linux 7 for ARM および Red Hat Enterprise Linux 7 for IBM Power LE (POWER9) に想定どおりロードされます。
これは、AMD64 や Intel 64、IBM Z や IBM Power Systems などの従来のアーキテクチャーの Red Hat Enterprise Linux とは動作が異なることに注意してください。これらのシステムでは、modprobe はエラーで終了し、間違ったパラメーターを持つモジュールは上記の状況ではロードされません。
すべてのアーキテクチャーで、エラーメッセージが dmesg 出力に記録されます。(BZ#1449439)