20.5. バグ修正

オンボードデバイスからメモリーを読み込もうとしたため発生した kdump のハングを修正

リトルエンディアン版の IBM Power Systems ハードウェアでは、カーネルが GPU などのオンボードデバイスからメモリーを読み込み、vmcore の一部として追加しようとしたため、kdump メカニズムが反応しなくなりました。今回の更新で、kdump 中にメモリーを読み込もうとする時にオンボードデバイスを省略するように kexec-tools が修正されました。kdump が正常に機能するようになり、vmcore はディスクに保存され、オペレーティングシステムは予想どおり再起動されます。(BZ#1478049)

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。