Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第56章 コンパイラーおよびツール

libcurl を使用するアプリケーションのメモリー消費量は、TLS 接続ごとに増加します

Network Security Services (NSS) の PK11_DestroyGenericObject() 関数は、PK11_CreateGenericObject() によって割り当てられたリソースを十分早く解放しません。その結果、libcurl パッケージを使用してアプリケーションによって割り当てられるメモリーは、TLS 接続ごとに増加する可能性があります。
この問題を回避するには、以下を実行します。
  • 可能な場合は既存の TLS 接続を再利用するか、
  • libcurl を使用してファイルから証明書とキーを直接ロードするのではなく、NSS データベースからの証明書とキーを使用します (BZ# 1510247)

OProfileperf は、NMI watchdog が無効になっている場合、第 2 世代インテル Xeon Phi プロセッサーでイベントをサンプリングできません

パフォーマンスカウンターのハードウェアエラーが原因で、第 2 世代インテル Xeon Phi プロセッサーでは、デフォルトのハードウェアイベント CPU_CLK_UNHALTED によるパフォーマンスイベントのサンプリングが失敗する場合があります。その結果、NMI watchdog が無効になっている場合、OProfile ツールと perf ツールはサンプルを受信できません。この問題を回避するには、perf または operf コマンドを実行する前に NMI ウォッチドッグを有効にします。
echo 1 > /proc/sys/kernel/nmi_watchdog
...
operf some_examined_program
opreport
...
この回避策は、誤ったカウンターを使用する NMI ウォッチドッグに基づいているため、選択したツールのみが正しく動作しますが、NMI ウォッチドッグは動作しないことに注意してください。(BZ#1536004)

KEYBD トラップを使用した ksh がマルチバイト文字を誤って処理

Korn Shell (KSH) は、KEYBD トラップが有効な場合にマルチバイト文字を正しく処理できません。したがって、たとえばユーザーが日本語の文字を入力すると、ksh には間違った文字列が表示されます。この問題を回避するには、以下の行をコメントアウトして、/etc/kshrc ファイルの KEYBD トラップを無効にします。
trap keybd_trap KEYBD
詳細は、ナレッジベースソリューション ksh displays multibyte characters incorrectly when 'KEYBD trap' is enabled in profile file を参照してください。(BZ#1503922)