Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第20章 Red Hat Enterprise Linux 7.5 for IBM Power LE (POWER9)

Red Hat Enterprise Linux 7.5 for IBM Power LE (POWER9) では、バージョン 4.14 に基づいており、kernel-alt パッケージによって提供される、更新されたカーネルを備えた Red Hat Enterprise Linux 7.5 ユーザー空間が導入されています。この製品は他の更新パッケージとともに配布されますが、そのほとんどは標準の Red Hat Enterprise Linux 7 Server RPM です。インストール ISO イメージは 、カスタマーポータルのダウンロードページ から入手できます。
Red Hat Enterprise Linux 7.5 のインストールとユーザースペースについては、インストールガイド およびその他の Red Hat Enterprise Linux 7 ドキュメント を参照してください。以前のバージョンについては、Red Hat Enterprise Linux 7.4 for IBM Power LE (POWER9) - Release Notes を参照してください。
注記
USB ドライブを使用した IBM Power LE へのベアメタルインストールでは、ブートメニューで inst.stage2= ブートオプションを手動で指定する必要があります。詳細については、インストールガイドの 起動オプション の章を参照してください。

20.1. 新機能と更新

仮想化

  • KVM 仮想化が IBM POWER9 システムでサポートされるようになりました。ただし、ハードウェアの違いにより、特定の機能は AMD64 および Intel 64 システムでサポートされているものとは異なります。詳細については、仮想化の導入および管理ガイド を参照してください。

プラットフォームツール

  • OProfile には、IBM POWER9 プロセッサーのサポートが含まれるようになりました。PM_RUN_INST_CMPL OProfile パフォーマンス監視イベントはセットアップできないため、このバージョンの OProfile では使用しないでください。(BZ#1463290)
  • この更新により、IBM POWER9 パフォーマンス監視ハードウェアイベントのサポートが papi に追加されます。これには、命令 (PAPI_TOT_INS) やプロセッサーサイクル (PAPI_TOT_CYC) などのイベント用の基本的な PAPI プリセットが含まれています。(BZ#1463291)
  • このバージョンの libpfm には、IBM POWER9 パフォーマンス監視ハードウェアイベントのサポートが含まれています。(BZ#1463292)
  • SystemTap には、カーネルに必要なバックポートされた互換性修正が含まれています。
  • 以前は、memcpy() GNU C ライブラリー (glibc) の関数は、64 ビット IBM POWER システム上で非整列ベクトルのロードおよびストア命令を使用していました。したがって、memcpy() POWER9 システム上のデバイスメモリーにアクセスするために使用すると、パフォーマンスが低下します。のmemcpy()この機能は、アライメントされたメモリーアクセス命令を使用するように拡張され、POWER9 に関係するメモリーに関係なく、前世代の POWER アーキテクチャーのパフォーマンスに影響を与えることなく、アプリケーションのパフォーマンスを向上させます。(BZ#1498925)

セキュリティー

USBGuard が IBM Power LE (POWER9) のテクノロジープレビューとして利用可能になりました

USBGuard ソフトウェアフレームワークは、デバイスの属性に基づく基本的なホワイトリスト機能およびブラックリスト機能を実装することにより、侵入型 USB デバイスに対してシステムを保護します。USBGuard は、IBM Power LE (POWER9) のテクノロジープレビューとして利用できるようになりました。
USB は IBM Z ではサポートされておらず、USBGuard フレームワークはこれらのシステムでは提供できないことに注意してください。