Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第1章 概要

セキュリティーおよびコンプライアンス

  • クラウドおよびリモートでホストされるシステムのセキュリティーの向上と使いやすさの強化により、起動時にネットワークバインドディスク暗号化デバイスのロックをより安全に解除できるようになります。これにより、不便なタイミングで行われることが多い起動プロセス中に手動で介入する必要がなくなります。
  • Red Hat Ansible Automation と OpenSCAP の統合により、コンプライアンス問題の修復の自動化が容易になり、管理者は環境全体にポリシーをより効率的にデプロイできるようになります。
  • Precision Time Protocol (PTP) および Network Time Protocol (NTP) のボンディングインターフェイスによるフェイルオーバーの追加により、正確なタイムスタンプと同期のニーズに対応するコンプライアンスが向上しました。
詳細は、14章セキュリティーおよび7章コンパイラーおよびツールを参照してください。

パフォーマンスと効率

  • インライン重複排除とプライマリーストレージの圧縮を通じてデータの冗長性を削減するように設計された Virtual Data Optimizer (VDO) の導入。組み込まれたデータ削減テクノロジーにより、ストレージ効率が向上し、ストレージのコストが削減されます。
  • 分散ファイルシステム (DFS) は、サーバーメッセージブロック (SMB) プロトコルバージョン 2 および 3 でサポートされています。これにより、Windows システム管理者は複数の SMB ファイルシステムを単一の仮想ファイルシステムに結合できるようになります。
詳しくは、16章ストレージ9章ファイルシステム をご覧ください。

プラットフォームの管理性

  • Cockpit 管理者コンソールの使いやすさが向上しました。これは、個々のシステムのストレージ、ネットワーキング、コンテナー、サービスなどを管理するためのインターフェイスを簡素化するように設計されています。
  • 新しいユーティリティー boomは、LVM スナップショットとイメージのブートローダーエントリーの管理を改善するためのコマンドラインツールと API を提供します。

ID 管理とアクセス制御

  • Windows Server 2016 のフォレストおよびドメインの機能レベルが、Identity Management によるフォレスト間信頼でサポートされるようになりました。
  • Directory Server でのレプリケーション競合エントリーの処理が強化されました。
  • OpenLDAP スイートは、ネットワークセキュリティーサービス (Mozilla NSS) の Mozilla 実装ではなく、OpenSSL ライブラリーを使用してコンパイルされるようになりました。
  • samba パッケージはアップストリームバージョン 4.7.1 にアップグレードされました。特に、Red Hat Enterprise Linux の Samba スイートはデフォルトで SMB プロトコルバージョン 3 を使用するようになりました。
  • System Security Services Daemon (SSSD) の複数の機能拡張が導入されました。
  • Identity Management が提供する Active Directory 統合ソリューションのパフォーマンスと安定性が強化されました。
詳細は、5章認証および相互運用性 を参照してください。

新しいカーネルバージョンでのアーキテクチャーのサポート

Red Hat Enterprise Linux 7.5 は、カーネルバージョン 4.14 を含む kernel-alt パッケージとともに配布されます。このカーネルバージョンは、次のアーキテクチャーをサポートします。
  • 64 ビット ARM
  • IBM POWER9 (リトルエンディアン)
  • IBM Z
詳細は、??? を参照してください。

仮想化

  • KVM 仮想化が IBM POWER8 システムでサポートされるようになりました。さらに、この更新では、IBM POWER9 (リトルエンディアン) および IBM Z アーキテクチャーでの KVM 仮想化のサポートが導入されています。ただし、これらには、kernel-alt パッケージによって提供されるカーネルバージョン 4.14 を使用する必要があります。
詳細は、18章仮想化??? を参照してください。

Red Hat Insights

Red Hat Enterprise Linux 7.2 以降では、Red Hat Insights サービスを利用できます。Red Hat Insights は、デプロイメントに影響を与える前に既知の技術的問題を特定、検証、および解決できるように設計されたプロアクティブなサービスです。Insights は、Red Hat サポートエンジニアの知識、文書化されたソリューション、および解決された問題を活用して、関連する実用的な情報をシステム管理者に提供します。
このサービスは、カスタマーポータル で、または Red Hat Satellite を介してホストされ、提供されます。システムを登録するには、Getting Started Guide for Insights に従ってください。

Red Hat Customer Portal Labs

Red Hat カスタマーポータルラボ は、カスタマーポータルの https://access.redhat.com/labs/ セクションで利用可能なツールセットです。Red Hat Customer Portal Labs のアプリケーションは、パフォーマンスの向上、問題の迅速なトラブルシューティング、セキュリティー問題の特定、複雑なアプリケーションの迅速なデプロイメントおよび設定に役立ちます。最も一般的なアプリケーションには、以下のものがあります。