Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第2章 アーキテクチャー

Red Hat Enterprise Linux 7.5 には、カーネルバージョン 3.10.0-862 が同梱されており、以下のアーキテクチャーに対応します。[1]
  • 64 ビット AMD
  • 64 ビット Intel
  • IBM POWER7+ および POWER8 (ビッグエンディアン) [2]
  • IBM POWER8 (リトルエンディアン) [3]
  • IBM Z [4]

kernel-alt パッケージでのアーキテクチャーのサポート

Red Hat Enterprise Linux 7.5 は、カーネルバージョン 4.14 を含む kernel-alt パッケージとともに配布されます。このカーネルバージョンは、次のアーキテクチャーをサポートします。
  • 64 ビット ARM
  • IBM POWER9 (リトルエンディアン) [5]
  • IBM Z
次の表は、Red Hat Enterprise Linux 7.5 で利用可能な 2 つのカーネルバージョンでサポートされるアーキテクチャーの概要を示しています。

表2.1 Red Hat Enterprise Linux 7.5 でサポートされるアーキテクチャー

アーキテクチャー
カーネルバージョン 3.10
カーネルバージョン 4.14
64 ビット AMD および Intelはいいいえ
64 ビット ARMいいえはい
IBM POWER7 (ビッグエンディアン)はいいいえ
IBM POWER8 (ビッグエンディアン)はいいいえ
IBM POWER8 (リトルエンディアン)はいいいえ
IBM POWER9 (リトルエンディアン)いいえはい
IBM z Systemはい[a]はい (ストラクチャー A)
[a] 3.10 カーネルバージョンは、IBM Z 上の KVM 仮想化とコンテナーをサポートしません。これらの機能はどちらも、IBM Z 上の 4.14 カーネルでサポートされています。このオファリングは、構造 A とも呼ばれます。
詳細については、??? および ??? を参照してください。


[1] Red Hat Enterprise Linux 7.5 インストールは、64 ビットハードウェアでのみ対応していることに注意してください。Red Hat Enterprise Linux 7.5 は、以前のバージョンの Red Hat Enterprise Linux を含む 32 ビットのオペレーティングシステムを仮想マシンとして実行できます。
[2] Red Hat Enterprise Linux 7.5 POWER8 (ビッグエンディアン) は、現在、KVM ハイパーバイザーを実行する Red Hat Enterprise Linux 7.5 POWER8 システム、および PowerVM の KVM ゲストとしてサポートされます。
[3] Red Hat Enterprise Linux 7.5 POWER8 (リトルエンディアン) は、現在、KVM ハイパーバイザーを実行する Red Hat Enterprise Linux 7.5 POWER8 システム、および PowerVM の KVM ゲストとしてサポートされます。また、Red Hat Enterprise Linux 7.5 POWER8 (リトルエンディアン) のゲストは、kernel-alt パッケージを使用するカーネルバージョン 4.14 における POWER8 互換モードで、KVM ハイパーバイザーを実行する Red Hat Enterprise Linux 7.5 POWER9 システムでサポートされます。
[4] Red Hat Enterprise Linux 7.5 for IBM Z (カーネルバージョン 3.10 および 4.14 の両方) は、現在、kernel-alt パッケージを使用するカーネルバージョン 4.14 で KVM ハイパーバイザーを実行する Red Hat Enterprise Linux 7.5 for IBM Z ホストの KVM ゲストとしてサポートされます。
[5] Red Hat Enterprise Linux 7.5 POWER9 (リトルエンディアン) は、現在、kernel-alt パッケージを使用するカーネルバージョン 4.14 で KVM ハイパーバイザーを実行する Red Hat Enterprise Linux 7.5 POWER9 システム、および PowerVM で、KVM ゲストとしてサポートされます。