第19章 Red Hat Enterprise Linux 7.5 for ARM

Red Hat Enterprise Linux 7.5 for ARM では、Red Hat Enterprise Linux 7.5 のユーザー空間のカーネルが更新されました。このカーネルは、バージョン 4.14 をベースにしており、kernel-alt パッケージで提供されます。このオファリングは、他の更新パッケージで配信されていますが、パッケージの多くは標準の Red Hat Enterprise Linux 7 Server RPM となっています。インストール ISO イメージは、「カスタマーポータルのダウンロードページ」で入手できます。
Red Hat Enterprise Linux 7.5 のユーザー空間に関する情報は、Red Hat Enterprise Linux 7 のドキュメント を参照してください。以前のバージョンに関する情報は、「Red Hat Enterprise Linux 7.4 for ARM - Release Notes」を参照してください。
本リリースでは、以下のパッケージは開発用プレビューとして提供されます。
  • libvirt (Optional チャンネル)
  • qemu-kvm-ma (Optional チャンネル)

注記

64 ビット ARM アーキテクチャー上での KVM 仮想化は、開発用プレビューの状態です。したがって、Red Hat によるサポートはありません。詳細については、『Virtualization Deployment and Administration Guide』を参照してください。お客様のユースケースについて Red Hat にご相談いただければ、Red Hat Enterprise Linux の今後のリリースで考慮される場合があります。

19.1. 新機能および更新

コアカーネル

  • 今回の更新で、64 ビット ARM システムに対してキューの書き込みをロックする qrwlock が導入されました。このメカニズムの実装により、グローバルタスクロックで競合している複数の CPU が公平に扱われ、パフォーマンスが向上しロック不足を回避することができます。この変更により、既知の問題 (以前のリリースで生じていた高負荷時のソフトロックアップ) も解消しています。
    以前のバージョンの Red Hat Enterprise Linux 7 for ARM 用にビルドされたカーネルモジュールは (kernel-alt パッケージに対して)、更新されたカーネルに対して再度ビルドする必要がある点に注意してください。(BZ#1507568)

セキュリティー

64 ビット ARM システム上で、USBGuard を完全にサポート

USBGuard ソフトウェアフレームワークにより、デバイス属性をもとにした基本的なホワイトリストおよびブラックリスト登録機能を実装して、割り込み USB デバイスからシステムを保護します。以前はテクノロジープレビューとして利用可能だった 64 ビット ARM システム上での USBGuard の使用が、完全にサポートされるようになりました。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。