第2章 アーキテクチャー

Red Hat Enterprise Linux 7.5 は以下のアーキテクチャーに単体で使用できます。[1]
  • 64 ビット AMD
  • 64 ビット Intel
  • IBM POWER7 以降および POWER8 (ビッグエンディアン) [2]
  • IBM POWER8 (リトルエンディアン) [3]
  • IBM z Systems [4]

kernel-alt パッケージにおけるアーキテクチャーのサポート

Red Hat Enterprise Linux 7.5 には、kernel-alt パッケージが同梱されています。これには、以下のアーキテクチャーをサポートするカーネルバージョン 4.14 が含まれます。
  • 64 ビットの ARM
  • IBM POWER9 Little Endian (リトルエンディアン) [5]
  • IBM z Systems
以下の表は、Red Hat Enterprise Linux 7.5 で利用できる 2 つのカーネルバージョンでサポートされているアーキテクチャーの概要となります。

表2.1 Red Hat Enterprise Linux 7.5 でサポートされるアーキテクチャー

アーキテクチャー
カーネルバージョン 3.10
カーネルバージョン 4.14
64 ビットの AMD および Intel対応非対応
64 ビットの ARM非対応対応
IBM POWER7 (ビッグエンディアン)対応非対応
IBM POWER8 (ビッグエンディアン)対応非対応
IBM POWER8 (リトルエンディアン)対応非対応
IBM POWER9 (リトルエンディアン)非対応対応
IBM z System対応[a]対応 (構造 A)
[a] カーネルバージョン 3.10 は、IBM z Systems における KVM 仮想化とコンテナーをサポートしません。この両方の機能は、IBM z Systems の カーネル 4.14 でサポートされますが、これは構造 A と呼ばれています。


[1] Red Hat Enterprise Linux 7.5 は 64 ビットのハードウェアでのインストールにしか対応していないことに注意してください。ただし、仮想マシンとしてであれば、32 ビットのオペレーティングシステム (Red Hat Enterprise Linux の旧バージョンなど) を実行することができます。
[2] Red Hat Enterprise Linux 7.5 POWER8 (ビッグエンディアン) は、現在 KVM ハイパーバイザーを実行する Red Hat Enterprise Linux 7.5 POWER8 システムの KVM ゲストとしてサポートされます。
[3] Red Hat Enterprise Linux 7.5 POWER8 (リトルエンディアン) は、現在 KVM ハイパーバイザーを実行する Red Hat Enterprise Linux 7.5 POWER8 システムの KVM ゲストとしてサポートされます。また、Red Hat Enterprise Linux 7.5 POWER8 (リトルエンディアン) ゲストは、kernel-alt パッケージを使用するカーネルバージョン 4.14 における POWER8 互換モードで、KVM ハイパーバイザーを実行する Red Hat Enterprise Linux 7.5 POWER9 システムでサポートされます。
[4] Red Hat Enterprise Linux 7.5 for z Systems (カーネルバージョン 3.10 および 4.14) は、現在 kernel-alt パッケージを使用するカーネルバージョン 4.14 で KVM を実行する Red Hat Enterprise Linux 7.5 for z Systems ホストの KVM ゲストとしてサポートされます。
[5] Red Hat Enterprise Linux 7.5 POWER9 (リトルエンディアン) は、現在 kernel-alt パッケージを使用するカーネルバージョン 4.14 で KVM ハイパーバイザーを実行する Red Hat Enterprise Linux 7.5 POWER9 システムの KVM ゲストとしてサポートされます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。