Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第30章 インストールおよび起動

手動パーティショニング中に不完全な IMSM RAID アレイを選択してもインストーラーがクラッシュしなくなりました

以前は、インストールするシステムに以前 Intel Matrix (IMSI) RAID アレイの一部であったストレージドライブがインストール時に壊れていた場合、そのディスクはグラフィカルインストーラーの Installation Destination 画面で Unknown と表示されていました。このドライブをインストールターゲットとして選択しようとすると、インストーラーがクラッシュし、An unknown error has occured メッセージが表示されました。この更新では、そのようなドライブに対する適切な処理が追加され、標準のインストールターゲットとして使用できるようになります。(BZ#1465944)

インストーラーはキックスタートファイルで追加のタイムゾーン定義を受け入れるようになりました

Red Hat Enterprise Linux 7.0 以降、Anaconda は、タイムゾーンの選択を検証するための、より制限的な別の方法に切り替えました。これにより、以前のバージョンでは許容されていたにもかかわらず、Japan などの一部のタイムゾーン定義が無効になり、これらの定義を含む従来のキックスタートファイルを更新する必要があり、更新しないと、デフォルトで Americas/New_York タイムゾーンが使用されてしまいます。
有効なタイムゾーンのリストは、以前は pytz Python ライブラリーの pytz.common_timezones から取得されていました。この更新により、timezone キックスタートコマンドの検証設定が pytz.all_timezones を使用するように変更されます。これは common_timezones リストのスーパーセットであり、より多くのタイムゾーンを指定できるようになります。この変更により、Red Hat Enterprise Linux 6 用に作成された古いキックスタートファイルでも引き続き有効なタイムゾーンが指定されるようになります。
この変更は timezone Kickstart コマンドにのみ適用されることに注意してください。グラフィカルおよびテキストベースの対話型インターフェイスでのタイムゾーンの選択は変更されません。有効なタイムゾーンが選択されている Red Hat Enterprise Linux 7 の既存のキックスタートファイルは更新する必要がありません。(BZ#1452873)

ブートオプションを使用して設定されたプロキシー設定が Anaconda で正しく機能するようになりました。

以前は、ブートメニューのコマンドラインで proxy= オプションを使用して作成されたプロキシー設定は、リモートパッケージリポジトリーを調査するときに正しく適用されませんでした。これは、ネットワーク設定が変更された場合に Installation Source 画面の更新を回避しようとしたことが原因でした。この更新により、インストーラーロジックが改善され、プロキシー設定が常に適用されるようになり、設定変更時のユーザーインターフェイスのブロックが回避されます。(BZ#1478970)

FIPS モードは、インストール中に HTTPS 経由でのファイルのロードをサポートするようになりました

以前は、キックスタートファイルが HTTPS ソース (inst.ks=https://<location>/ks.cfg) からロードされるインストール中に、インストールイメージは FIPS モード (fips=1) をサポートしていませんでした。このリリースでは、これまで欠落していたこの機能のサポートが実装され、FIPS モードでの HTTPS 経由のファイルのロードは期待どおりに機能します。(BZ#1341280)

ネットワークスクリプトが /etc/resolv.conf を正しく更新するようになりました。

ネットワークスクリプトが拡張され、/etc/resolv.conf ファイルが正しく更新されるようになりました。以下に例を示します。
  • /etc/sysconfig/network-scripts/ ディレクトリーの ifcfg-* ファイルで DNS* オプションと DOMAIN オプションがそれぞれ更新された後、スクリプトは /etc/resolv.conf ファイル内の nameserversearch エントリーを更新するようになりました。
  • /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-* ファイルで更新された後、スクリプトは nameserver エントリーの順序も更新するようになりました。
  • DNS3 オプションのサポートが追加されました
  • スクリプトは、重複したランダムに省略された DNS* オプションを正しく処理するようになりました (BZ# 1364895)

.old 拡張子を持つファイルはネットワークスクリプトによって無視されるようになりました

Red Hat Enterprise Linux のネットワークスクリプトには、.bak.rpmnew.rpmold などの特定の拡張子を持つ ifcfg-* 設定ファイルを無視する正規表現が含まれています。ただし、.old 拡張子は、ドキュメントや一般的な実践で使用されているにもかかわらず、このセットにはありませんでした。この更新により、.old 拡張子がリストに追加され、これを使用するスクリプトファイルがネットワークスクリプトによって期待どおりに無視されるようになります。(BZ#1455419)

ブリッジデバイスは IP アドレスの取得に失敗しなくなりました

以前は、ブリッジデバイスがシステム起動直後に DHCP サーバーから IP アドレスを取得できないことがありました。これは、ifup-eth スクリプトがスパニングツリープロトコル (STP) の起動の完了を待機しなかった競合状態が原因で発生しました。このバグは、STP の開始が完了するまで ifup-eth が十分な時間待機する遅延を追加することで修正されました。(BZ#1380496)

rhel-dmesg サービスを正しく無効にできるようになりました

以前は、rhel-dmesg.service がsystemd を使用して明示的に無効になっていても、実行を続けていました。このバグは修正され、サービスを正しく無効にできるようになりました。(BZ#1395391)