Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第41章 ファイルシステム

ファイルシステム DAX が、テクノロジープレビューとして ext4 および XFS で利用可能

Red Hat Enterprise Linux 7.3 以降、Direct Access (DAX) は、テクノロジープレビューとして、永続メモリーをそのアドレス領域に直接マッピングする手段を提供します。
DAX を使用するには、システムで利用可能な永続メモリーの形式が必要になります。通常は、NVDIMM (Non-Volatile Dual In-line Memory Module) の形式で、DAX に対応するファイルシステムを NVDIMM に作成する必要があります。また、ファイルシステムは dax マウントオプションでマウントする必要があります。次に、dax をマウントしたファイルシステムのファイルの mmap により、アプリケーションのアドレス空間にストレージを直接マッピングされます。(BZ#1274459)

pNFS およびブロックレイアウトのサポート

テクノロジープレビューとして、アップストリームコードが Red Hat Enterprise Linux クライアントにバックポートされ、pNFS ブロックレイアウト機能を提供します。
また、Red Hat Enterprise Linux 7.4 には、pNFS SCSI レイアウトのテクノロジープレビューが同梱されています。この機能は pNFS ブロックレイアウトに似ていますが、SCSI デバイスに限定されるため、使用しやすくなります。そのため、Red Hat では、pNFS ブロックレイアウトではなく、pNFS SCSI レイアウトの使用を推奨しています。(BZ#1111712)

OverlayFS

OverlayFS は、ユニオンファイルシステムのタイプです。ユーザーは、あるファイルシステムに別のファイルシステムを重ねることができます。変更は上位のファイルシステムに記録され、下位のファイルシステムは変更しません。これにより、ベースイメージが読み取り専用メディアにあるコンテナーや DVD-ROM などのファイルシステムイメージを、複数のユーザーが共有できるようになります。詳細は、カーネルファイル Documentation/filesystems/overlayfs.txt を参照してください。
OverlayFS は、ほとんどの状況で引き続き Red Hat Enterprise Linux 7.4 のテクノロジープレビューになります。このため、OverlayFS を有効にすると、カーネルにより警告のログが記録されます。
Docker で次の制約を付けて使用する場合は、OverlayFS が完全対応となります。
  • OverlayFS は Docker のグラフドライバーとして使用する場合にのみサポートされます。サポートはコンテナー COW コンテンツでの使用に限定され、永続ストレージとしてはサポートされません。永続ストレージは OverlayFS 以外のボリュームに配置している場合に限りサポートの対象となります。使用できるのはデフォルトの Docker 設定のみです。つまり、オーバーレイレベル 1 つ、下層側ディレクトリー 1 つ、同じファイルシステムに配置された上層レベルと下層レベルという設定です。
  • 下層ファイルシステムとして使用がサポートされているのは現在 XFS のみです。
  • Red Hat Enterprise Linux 7.3 以前では、物理マシンで SELinux を有効にして Enforcing モードにする必要がありますが、コンテナーの分離を実行する際にコンテナーで無効にする必要があります。これは、/etc/sysconfig/docker ファイルに --selinux-enabled を含めないでください。Red Hat Enterprise Linux 7.4 以降、OverlayFS は SELinux セキュリティーラベルをサポートし、/etc/sysconfig/docker--selinux-enabled を指定すると、コンテナーの SELinux サポートを有効にできます。
  • OverlayFS カーネル ABI とユーザー空間の動作については安定性に欠けると見なされているため、今後の更新で変更が加えられる可能性があります。
  • コンテナー内で yum および rpm のユーティリティーを正常に機能させるには、yum-plugin-ovl パッケージを使用する必要があります。
OverlayFS は制限付きで POSIX 標準セットを提供しています。OverlayFS を使用してアプリケーションをデプロイする前に、アプリケーションを十分にテストしてください。
オーバーレイとして使用するために、-n ftype=1 オプションを有効にして XFS ファイルシステムを作成する必要があることに注意してください。rootfs およびシステムのインストール時に作成されたファイルシステムを使用して、Anaconda キックスタートに --mkfsoptions=-n ftype=1 パラメーターを設定します。インストール後に新しいファイルシステムを作成する場合は、# mkfs -t xfs -n ftype=1 /PATH/TO/DEVICE コマンドを実行します。既存のファイルシステムがオーバーレイとして使用できるかどうかを確認するには、# xfs_info /PATH/TO/DEVICE | grep ftype コマンドを実行して、ftype=1 オプションが有効になっているかどうかを確認します。
Red Hat Enterprise Linux 7.3 リリース以降、OverlayFS には既知の問題が複数存在します。詳細は、Documentation/filesystems/overlayfs.txt ファイルの Non-standard behavior を参照してください。(BZ#1206277)

pNFS SCSI レイアウトクライアントおよびサーバーのサポートが提供されるようになりました。

並列 NFS (pNFS) SCSI レイアウトのクライアントおよびサーバーのサポートは、Red Hat Enterprise Linux 7.3 以降のテクノロジープレビューとして提供されます。ブロックレイアウトの作業に基づいて、pNFS レイアウトは SCSI デバイス全体で定義され、SCSI 永続予約をサポートできる必要がある論理ユニットとして一連の固定サイズブロックが含まれています。論理ユニット (LU) デバイスは、SCSI デバイス識別子で識別され、フェンシングは予約の割り当てを介して処理されます。(BZ#1305092)

Btrfs ファイルシステム

Btrfs (B-Tree)ファイルシステムは、Red Hat Enterprise Linux 7 でテクノロジープレビューとして利用できます。
この機能の更新は、Red Hat Enterprise Linux 7.4 で最後となることが予定されています。Btrfs は非推奨になりました。つまり、Red Hat は Btrfs を完全にサポートしていない機能に移行しなくなり、Red Hat Enterprise Linux の将来のメジャーリリースで削除される予定です。(BZ#1477977)